2017年 04月 23日

なんだかな、な出来事

とりたてて面白くもない日々だが、2つ、書き留めておこうと思ったのでブログを書く。

1つは、一昨日のことだ。

正午から深夜まで残業した帰り道に姉の着信があることに気づいた。

折り返すと、どうやら夫婦ゲンカしてるようだ。
極論まで言い出してるのでかなりヒートしてる模様。

姉は最近とても大変なようで、ストレスがたまっているそうだ。

なんでそんな夫婦喧嘩になったんかと聞くと、
夫婦二人で焼き鳥屋に行った、食うて飲んで帰宅してあと1本だけ飲み直そうと家で二人でビールを開けた。
私はつまみがないと酒が飲めないのでスナック菓子をバリバリ食うた、
そこで義兄が「今腹いっぱいで帰ってきてまた食うからいつまでも痩せれないんだ!」
と言ったらしい。そこで大げんかになったようだ。

姉はその一言で相当怒っていて、バリバリ食うにはストレスが要因だとなんとか言っていた。
「私はつまみがないと酒が飲めないんよ、だから食べたのに、なんで痩せれないとかまで言うワケ?」と
言っていた。

うん、うん、そうだね、昔は痩せてたし綺麗だったもん、今はストレス太りなんかもね、とフォローしていたが、

なんだかバカバカしくなり、
「スナック菓子食うた食わんでケンカするとか、ウケるよマジ、平和すぎる」と言った。
数時間も聞いてたらこっちが頭おかしくなりそうだ。

他人にはノロケ以上のなにものでもない犬も食わない夫婦ゲンカなのであった。


2つめは、
休憩所で会った会社で別部の人と、けっこう真面目な最近の社会情勢なようなことを話していた。
身体が大柄で外人のような男だ。

あれはこういう意図じゃないんですかね、とかなんとかコムズカしい世間話が弾み、
うん、とその人がなにか閃いて、話したそうな顔をした時、
立ったまま座るような腰掛け椅子から少しおじぎをして腰を浮かせて、
これまたそのガタイから想像できないような小さな屁をひって、
「それはですね、つまり…、」とまたコムズカしい会話に戻った。

以降の話も有意義だったけども、
なんでハズミでもない、やりますよ的な行動して屁をひったのに、
そんなどうしようもない屁をわざわざするのか。

そして、人間は身内じゃない人間の前にそんなに他人の前でフリーダムに屁ができるのが普通のことなのか。

でも、自然な流れで、屁こいたなとも言えず。

こんなネタはただ笑ってればいいが、
私は現在抱えてるトラブルも全て、なにがなんだかな、な日々なのだ。

[PR]
# by vich-han | 2017-04-23 22:03 | 呑んだくれの戯言

2017年 04月 22日

また愚痴ときた。

たまんないのだ。
まだジジイとの戦争は続いてる。
私が頑固で社長からももっと柔らかく、と説教受けている。

あのミーティングで金輪際、不満もたない約束したのに、
徹底抗戦で出やがった。

私は何日も一日通し勤務でかまわない。
負けるか。

公休も年休も私らの3倍。
同じ役職なのでやっかいだ。めったに会社に来ん上にさっさと帰るくせに、
ここのことわかんないのに、自分の都合のよいようにやろうとか、
バカじゃないのか。

もう、ほんとに、みなさんの父が定年延長でやってるなら、
みんなが苦しいので、親孝行してはよ退職させてください。

私も65まで働きたくない。60でやめたい、それは今でも思う、目も悪いし。
なぜ働くのか。
私は60過ぎたらどんな仕事でもいい。
お金足りなかっても自業自得。


今の60までバブリーはすでに高給取りで、
後輩が20万満たないのに、4倍貰ってる怠け者はいらないと思う。
パチンコばっかりで後輩に安いメシもおごらん、正気とは思えない。

後輩も私もこのジジイたちの給料も年休も公休も永遠にもらえないのだから。

[PR]
# by vich-han | 2017-04-22 02:53 | 呑んだくれの戯言

2017年 04月 20日

行かなくちゃ。鍵がない

今日は、うちの近所で数億の銀行前強盗事件があった。
上空でヘリがバタバタうるさいし、ナニゴトかとずっと思ったので、
知ったときは今日は休みだけど外に出ないでおこうと思った。

昔流行ったネットのなんちゃって占いで、私は
「流れ弾に当たって死んで、今際の言葉はなんじゃこらあ!」らしいので、
アホな占いとはいえ、当たったらシャレにならないので危うきに近寄らずだ。

そう覚悟を決めたとこで、会社から電話が鳴り、出社しなくてはならない用事ができた。

すぐでてきまーすと言った手前、バタバタと行かないといけないのだが、鍵が見つからない。
というか5日くらい前から財布も見つからず家にある小銭をポケットに
裸ジェニで生きている。

近所でこんな物騒な事件が起きたのだから、家をロックしないまま出かけるのはいかんだろう。
そうウロウロ捜索してたのだけど、
ふと思った。数億を盗む人間がこんな貧乏人の家に空き巣に入るワケないじゃんか、と。

なので家は鍵もせず会社に行った。

用事を済ませて家に帰ると、
空き巣にあったようなひどい惨状の部屋だった。

もちろん空き巣には入られていない。全部私の仕業だ。

そ、そか。
こんな部屋に空き巣を心配する自分がちょっと異常だな。
もうちょっと正気になろう。



[PR]
# by vich-han | 2017-04-20 17:38 | 呑んだくれの戯言

2017年 04月 20日

文鳥

文鳥を飼っていた。

19の時に母が亡くなり。1周忌当たり前から父が自分の孤独から逃げるように再婚したいと言い出した日。

その日ペットショップで衝動的に買った文鳥は羽毛もほとんど生えておらず。
私は毎日布団で小鳥用の小さなカゴをあっためて気温も心も寒い部屋で暖をとっていた。

ずいぶん羽毛が生え揃いってまだ飛べないけども、
シリンジでベビーフードをそろそろ一人前なごはんと半分くらいにしようと
なりつつした頃、

目覚めたら完全に衰弱しており、横たわって私の手のひらでその刻を過ごした。

呼ぶと必ずピィと返事した。その間際まで。

何度も何度も呼んだ。必ず返事がきた。

最後はピぃ、、てな感じで眠るようにあっと言う間だった。
何日も気持ちの整理がつかず、

周囲には、にわかに信じ難いようで鳥でこんなにダメージを受けてるのを見た人は初めてのようで、
かなり心配させた。

私はいつか、必ず、鳥たちともんぺいに会う。
それまで頑張るんだ。

いつだってやつらはそばにいる。


[PR]
# by vich-han | 2017-04-20 01:22 | 呑んだくれの戯言

2017年 04月 17日

表情

もんちゃんがおらんなって、この家に癒しは無い。

私は自分の人生の意志で初めて購入したのはあの文鳥だけだ。
どうししょうもなく鳥が好きなのだ。

すぐ死んでしまった。

鳥が一番。でも、もろい。


もんちゃんがあまりに甘えったれだったんで、もんちゃんが好きなんだ。
自分が家族にしたペットは全員表情表現が同じ。
人間を疑うことがないまったりだけど自己主張強いかんじ。

子どものころ飼ってた犬もみんな同じ。
姪っ子のチビ、姪甥のチビのころ。みんな同じ。

生き物は人間もみんな同じ。

[PR]
# by vich-han | 2017-04-17 01:37 | 呑んだくれの戯言

2017年 04月 15日

老害ネタ

自分の中で、許せないことという沸点は、自分でももうこの歳だからわかる。

先輩にそんなぐだぐだ後輩の悪口を直接言わずしつこく外部に愚痴ってんなら、本人らに言えとミーティングを開いた。

その日私は休みで、事前に家でミーティング議題の資料をつくったので、約束の時間に15分遅れ、すでにこのぐだぐだ言ってる先輩は
「いいかげんやな」って顔で見てる。

いやいや、あんたがそうでしょう。って思った瞬間にゴングが鳴った。

淡々と話してるのに相当な勢いで長い時間激高罵倒を受けた。

それってなんか懐かしいほどのパワハラWと思うと、一瞬もひるまなかった。
こっちだって怒ってんだ。でも興奮で声を荒げた方が正論がつじつま合わなくなる上、
自分を守るために弱い後輩を攻撃するあんた負け犬の姿だよ。

私は自分が思った以上につよくなっている。

私はくだらない人間てことくらい自分で百も承知なのに
「自分が一個も間違いがない人間と思うな!」と言われ、なんだかびっくりした。
後輩にペンや書類を片付けない、片付けろ!とジジイは言ってたが、

私はジジイの何日も置き忘れた電動歯ブラシをPCの前でしょっちゅう見てるのだ。こんな不潔があるかっちゅうの。
スケベ漫画も自分のキャビネットに収まりきれんでそこらへんあふれてるなら、ちった捨てなさい。老害すぎるぜ全く。



[PR]
# by vich-han | 2017-04-15 02:13 | 呑んだくれの戯言

2017年 04月 08日

きついぞー

ずっとずっと働いてる。もうずっと。そして一日中。
ここは猛烈な山場なので頑張りきらなくてはならない。

癒しというのもがどんなに大事なのかわかる。

ちょっとした仲間の気持ち。
帰宅して見るかわいい姿。

e0242030_03111353.jpg

仕事やると一緒のプロジェクトの他の部署の仲間は無責任のムの字もない。
私が楽になるように目真っ赤にして今日も調べて簡略化し、助けてくれる。

ゴールは来週だ。頑張る。

私はやはり、仕事が好きだな。チームプロジェクトが好きだ。
一緒のフロアで働いてるんで、お互いありがとう、すまんねとか、言いながら
出来ウンヌンより、スムーズに滞りなくやり遂げることが大事だと思う。

またいい仕事しようやって、思えたらいいなと、もうちょっと頑張る。

同じ係の言いっぱなしのオッサンはもう適当に考えることにした。





[PR]
# by vich-han | 2017-04-08 03:16 | 呑んだくれの戯言

2017年 04月 05日

昭和は忘れろ

疲れた。

とにかく。

なぜ疲れたのかは、エセ正義感があるジジイのせいだ。

私の人情とこのジジジイの人情にはどちらも正解がない。

このジジイは優しい人だ。弱い者に優しい。
弱い人を助ける本能が野生動物のようにあり、それには理屈が無い優しいとこがある。
でも、自分が犠牲になってまでフォローする男気はゼロだ。

つまり言いっぱなしだ。
俺今日は特にいいこと言った。じゃ、またの!ってな滅多にこないスーパーマン気取りだ。

自分はこのジジイのエセ男気をフォローするため、一日中フォローするシフトがずっと待ってる。とんでもない勤務時間だ。
先月も8回のうち2回公休出勤したけど、代休できるメドがたたない。
あやつらは月の半分が有給と公休だから突発的な繁忙期とか知らない。

でも、残業はしてはいしてはいけない会社なので、
このアホのような勤務は、勤怠表に書かれることもない。

わたしはもうずっと月に2、3度メシを後輩におごる時間以外は
メシの休憩タイムなんてとったことない。

今メシいかんと食えねえ、食いっぱぐれるという職場でR。食いたくなくても。

んでメシからはよ帰らんと、勤務時間も全うしてない、はよ帰りたいくそジジイがイライラしてるのだ。
20分で帰ってこいというので、もうこの2年メシにずっと行ったことない。胃が痛くなるので行く気力も無い。

こっそり、ジジイどもがおらんときに後輩連れて焼き肉おごったりで。
そんなときはこんなゆっくりメシ毎日にしたいなとクヨクヨ悩んだり、外食の肉ランちウメエなとかで。

ここは私のブログだ。
言わせてくれ。

バブルの匂いは死んでくれ。
60分休憩は権利だ。ゆっくり行かせろ






[PR]
# by vich-han | 2017-04-05 02:04 | 呑んだくれの戯言

2017年 04月 03日

最近愚痴だらけだな

会社の私が所属する課はAとBと2つ違う業務をしなくてはならない。
もともと別だったのだが、1年半前に統合された。

Aが高齢化が進んで数年後には限界係になるからだ。
後輩二人が年寄りにどやされるのもつらく
私が甘やかして大人になってない的なことばかり言われ。
でもそんな時代じゃないんだよ。
あんたらの子どももそんなもんでしょうよ。

私は今日ほど虚しい日はなかった。
古くからの後輩二人と別の、もう一人のこの一年可愛がってきた新人42歳の後輩が私の前でブルブル震えて逆恨みしており。
私は刺されるのかとマジこわいほど、目がイッテて。
なにか話すと尿もらしそうなほど怯えてた。
教えて励まして懐寂しいくせ無理していいメシおごってが全部恨みに変わったようだ。トホホ。

私はそんなに悪いことしたのかな。
うちの子たちが彼を足手まといというし自分もそう思うけど、いっぱい良い部分あって、
別部署なら100倍やれると思ったんで、契約延長願い、よそと兼任異動お願いした。
0からソフトを教えた。他人の心にノックするセンスがないことは最初からわかってた。
心に作業に優劣があるようなので信用できなかったんだ。
こういう仕事はずっと果てしなく地味な作業ばかなんだよ。
華やかなんてないんだよ。どんな形でもたたずまいの美しさを追求することに優劣はない。


一回家が決まらないとかそんな理由で辞めると言ったので2回目に引き留めた。
後輩から、引き止めんでくださいとダメダシ。トホホ

人事異動ってそんなにアンハッピーなのだろうか。
私が異動できるなら、滞った人間関係とは別に新たな人との出会いがありこんなハッピーなことないと思うのに。
給料下がるなら怒るけど、同じならいっぱい社内で縁があったが近い将来プラス。
私はそんな組織にさんざん振り回された人生をエンジョイしてきた。
そのとき私は給料も落ちてもそんな凹まず楽しかった。若かったからかな。
給料変わらず、大活躍できるんじゃない?って異動で逆恨みはないじゃんけ。
私が異動したいよ本気で。無責任でゴネれて上司や先輩にギャフンさせようと被害者ぶってが
通用できるならこんないい職場ない。

凹まず楽しんでほしいんだ。
私はどんなに恨まれてもいい。
漠然ときれいごとを描くデザインより、なにより人生や思考を自分でデザインするのが最重要なんだ。
話はそっからだ。

自分も負けないでテメエを最後まで見届けるから。
私が鬼と思うなら刺すなら刺せと私は人生を動かしてる。
8000円プラスの上司手当のためにね。
てめえ頑張れよマジ、、、
心配してんのにな

今日は泣きたかった。



[PR]
# by vich-han | 2017-04-03 02:49

2017年 03月 31日

姉指令の風呂あと、

姉。シーズン2。

風呂からあがってまったりしてると姉から約束の電話がきた。

いつもより平穏なので長くは話せる。

義兄さんが飲みに行ってて退屈なようなことをチラっと白状した。

もうw退屈しのぎかよ。

世の中出会う人は他人に対していつもこうだ。
人間てどこまでも刹那や突発で他人への要求がデカイ

地球は自分のために回ってないことくらい、9歳くらいではっきり気づき、
他人を恨んだりもなくなるものだ。

姉のことは真剣に考えるが、他人のことはできる範囲しかできんん、
平和ならいいひとぶろうなんて思わない。

だから、物悲しくても、私はいやな冷たい人間と言われようとも冷静な境界線がいる。


[PR]
# by vich-han | 2017-03-31 01:02 | 呑んだくれの戯言
Copyright c 2004-2013MONPEI&VICH, Ltd. All Rights Reserved.