2010年 06月 11日

暗闇のウサギ

にほんブログ村のホーランドロップ部門で瞬間的に7位になっていた。

10位ランクインになんて。すごく嬉しいもんだなぁ<もんぺい
e0242030_18285765.jpg


さて、今日もモンペイを携帯で撮ろう。

e0242030_1830085.jpg


早く出てこないと陽が落ちてしまうので、急いで撮ろう。

なにしろ我が家は、玄関を除く1カ所しか照明がないんです。

e0242030_1830281.jpg

e0242030_18304093.jpg


キッチンと、もんぺいの部屋には照明がついてません。
いや、ついてませんでなく、付けてません。
いや、正確に言うと、付けれないでいます(笑)
なぜなら

金がないから。

金は毎月ビール代に飛んでいくから叫びダウン

早くしないと、こんな写真ばかりになるんです。
e0242030_18314691.jpg


今まで長い間、困ったことは無かったけど、写真を見ると、やたらと影がある。
ブルーな雰囲気のもんぺいが写っている。なんだか可哀想だ。

だから、明るいうちに撮らないと。
影だらけのもんペいになってしまう。
ハリーアップだ、もんぺい。

e0242030_1833355.jpg

e0242030_18332213.jpg

e0242030_1833384.jpg

う~~~ん。
仕方ない。明日、買いに行こう、1つ。

ビール減らさないとなぁ。

e0242030_18342022.jpg

[PR]
# by vich-han | 2010-06-11 19:00 | もんぺい成長記

2010年 06月 11日

また遊ぼうね

おはよう。

留守番頼むよ、もんぺい。
帰ったら、また遊ぼうぜ

e0242030_1348352.jpg

[PR]
# by vich-han | 2010-06-11 09:01 | もんぺい成長記

2010年 06月 10日

口蹄疫と祖父

にほんブログ村のホーランドロップ部門で11位になっていた。

ポチありがとうございます。
飽きっぽい私ではありますが、頑張ろう!と今日はさすがに思いました(^^)v
2人きりの不安な生活、やっぱり、励みになるもんです。

さて、今日はちょっと違う話なんですが、
今日のニュースで、宮崎県で発症している「口蹄疫」が
都城市の牛まで伝染していたことを知りました。

「都城市(みやこのじょうし)」は九州の人たちは「みやこんじょ」といいます。
自然も人の気持ちも、のどかでとても良い地域です。

そのお隣の、鹿児島県曽於市というところに母方の祖父が住んでいました。
幼い頃、母とともに里帰りしたときに「町に買物行っが(行こう)」と
大人が言うと決まってその「みやんこんじょ」でした。
そのくらい、近い場所でした。

祖父は黒い牛を飼っていました。肉牛ではなく、農業の手伝いをする牛でした。
祖父は、カッパのような容貌で、身体が小さく、驚くほど無口でした。
しかし、牛と話すときだけは多弁で、またその名もなき牛も祖父に子どものように懐いていました。
祖父はこの牛とだけの孤独な暮らしだったので、親子のように心通わせていたのでしょう。

私たちが帰る日は、祖父は必ず、早朝に裏の畑に出たまま、
絶対に見送りに戻ってこなかったもんです。
母に「じいちゃんは?」と聞くと
「じいちゃんは、いま、畑で牛と泣いているの。じいちゃんは、そんな人」
と言って母もメソメソ泣いていました。

今日は、口蹄疫のニュースを見て、そんな昔の記憶を思い出しました。

祖父が大往生で他界したあと、その牛は伯母がひきとり、
何代か後の子孫で、優秀な種牛ができて、大きな賞をとったと聞きました。

口蹄疫という病を封じるために人間の都合で、
大量かつ無差別に殺されている牛たちの中に、
じいさんの心が宿った牛がいるかと思うと、
なんだか、自分のルーツまでがこの世から消されていくような、
少し悲しい気持ちになりました。

いつかは食べられる、いつかは経済物として亡くなる命としても、
それまでの時間をどれだけ愛情をかけて育てたことか。
畜産農家の方の気持ちも同時に思うと、
これも祖父の面影が出て、胸が苦しくなります。

祖父のように、畑や牛舎で誰に知られることなく、
家族同然の牛のために、ごめんごめんと涙を流している方が多いんじゃないかと、自分は思う。

e0242030_12463959.jpg


e0242030_1246498.jpg


e0242030_12465920.jpg


e0242030_12472088.jpg


e0242030_12473265.jpg


e0242030_12474163.jpg

[PR]
# by vich-han | 2010-06-10 19:37 | 呑んだくれの戯言

2010年 06月 09日

自宅楽園計画

今日は休みだ。天気いい。
早朝から洗濯ばかりしている。

もんぺいは、私がベランダでうろうろしていると、
出てきたそうに、サッシの溝に手をかけては逃げ、手をかけては逃げ、を繰り返している。
まるでピンポンダッシュをしている子どものようだ。

外への好奇心に興奮しているのか、逃げる後ろ姿が喜んでいる。
斜め左右にピョンピョン跳ねて、非常にかわいい。

うさんぽ連れ出したことがないから、いつか連れて行ってあげよう。
ここはあの黒い連合が目前のビルにおるから、危険だ。

e0242030_12112652.jpg


話は変わって、先日、親友のPが我が家に来たときに、外を見て急にゲタゲタと笑いだした。
「ここのベランダ、もうベランダやなくて畑やんけ。あれ、畑やん」
と「はぁ!!!??」という呆れ顔で指差して笑っていた。
「もう米つくれ」とまで言っていた(笑)

そう。
ベランダ菜園をやりすぎて、もう、なにがなんだか、
なにを植えているのかさえわからぬ始末になっている。

「茄子やん」「ピーマンやろう」
と人から言われ、ああそうか、と把握したが、

「あれ、トウモロコシやろう」
と言われたときはさすがに自分でもやりすぎだと思った。

安納芋まで芽を出してるし。

e0242030_121238.jpg


しかし「まだまだ」と思う自分もいる(笑)

夏に向かって、朝顔ナインたちも、ジャングルにすごみをつけてくれそうだ。

e0242030_12121793.jpg


我が家があるのは、小汚くて安っぽい盛り場のど真ん中。
まあ、こんなベランダもあっても、いいやん?

e0242030_12123426.jpg

[PR]
# by vich-han | 2010-06-09 11:28 | うさぎ農園

2010年 06月 09日

思いやり交換

先日、モンペーの弟をお迎えした知人Aちゃん。
初日夜に赤ちゃんが大暴れして心配だったとか。

なので、牧草かまくらのプレゼントを考えた。
来たときは、モンペーもこんな風にかまくらにずっと入ってたから。

e0242030_1112574.jpg


Aちゃんは、我が家までこのかまくらを受け取りに来た。

「風邪と聞いたので、ポカリ買ってきましたぁ。」
とお見舞い品持参。
20代前半なのに、とても気が利く、優しい子だなぁ。

互いにありがとうと言い合い、片ほうの手で、かまくらと見舞品を交換した。

中を開けると、ポカリと「つまみ」が入っていた。

e0242030_11122131.jpg


こ、これは…。カゼ

「たいしたことなかったら、飲んでるかもしれんし」
と想定してのつまみなのか。

「病気のときはポカリを飲めばいいし、治れば大好きなお酒のアテに」
という機転なのか

「ビールを買っていったらおかしいかな」
と思い急きょポカリにしたのか

「ビール買ったら割にあわへんわ」
と思ったのか(冗談だよ)

どちらにしても風邪と、酒好きの私を配慮してのことだろう。
実に嬉しかった。

が、不思議な組み合せのお見舞いだよ(笑)

ありがとう、Aちゃん。
[PR]
# by vich-han | 2010-06-09 09:31 | ブリオグつながり

2010年 06月 08日

遠巻き撮影会

e0242030_9351045.jpg

e0242030_9352321.jpg

e0242030_9353510.jpg

e0242030_9355138.jpg

e0242030_936279.jpg

e0242030_9361229.jpg


け、携帯の充電中であります!!鬼軍曹!!
[PR]
# by vich-han | 2010-06-08 23:26 | もんぺい成長記

2010年 06月 08日

妖精と暮らす

私がいまやっかいになっている職場は、
パーテーションで区切られた、ひどく孤独な部門だ。

ローテーションで1人体制なので、同じ科の人との
「風邪を引かないように」など人間らしい会話は、引継ぎノートでしている。
1日に誰とも話さない日が多い。

ところが最近、作業机の隣に座る人ができた。
重たい病気を克服し、復帰された方だ。
しばらくリハビリ勤務なので、彼がいるときは2人体制になった。

まだまだ完全復調とはいえないようで、少しきつそうだ。
そっとしてあげたいと思っているのだが、
私は病室の迷惑隣人のように、ついつい、くだらない話をしかけてしまっている。
さぞうるさいと思われているだろう。

彼は、重病に襲われたせいで、鬱が激しいと苦しそうに語っていた。
不安で眠れないとも言っていた。
全てが極限のネガティブ思考になっているそうだ。

不憫でならない。

私は、このブログを見せて、うさぎを飼うことをすすめた。
「アホなこと言うなぁ、この人」と呆れた顔をしていたが、
ほんとうに心の底からそう思ったのだ。

草をはみ、冗談のような丸いウンコをし、ぴょこぴょこ周りを歩く、
こんな天使が家にいれば、きっと彼も生きるのが楽になるような気がするのだ。

たとえば、
最近の私のツイていない気持ちを表すと

e0242030_9281195.gif


こんなことになるのだけど

もんぺーがいると
こんな気持ちにも変わるのだ。

e0242030_9283763.gif


うさぎ、いいですよ。

弱い、弱い、もともと捕食されるだけの、逃げ惑うだけの
怖いことばっかりの、切ない歴史の生き物なのに、
こんなに不思議な可愛い形になってしまった。
妖精に近いんです、きっと。

アホ人間のすすめに乗って、飼ってみるのもいいかもしれないっすよ?

e0242030_9285078.jpg

[PR]
# by vich-han | 2010-06-08 18:07 | ビッチ絵空画廊

2010年 06月 08日

気力の玄界灘

風邪のせいか朝から、もう、MPもHPもゼロ。布団から出るのがきつい。休みたい。

そうも言ってらんない。仕事いってきます。留守番頼む。

e0242030_924562.jpg

[PR]
# by vich-han | 2010-06-08 09:22 | もんぺい成長記

2010年 06月 07日

おはようさん

モンペイ、留守番よろしく。

頭てっぺん、2ブロックやね

e0242030_9195484.jpg

[PR]
# by vich-han | 2010-06-07 09:09 | もんぺい成長記

2010年 06月 06日

空から挑戦状

風邪をひいてるからといって、ベランダ農園に水をやらないわけにはいかない。

ベランダに出ると、なんとデカイ「骨」が落ちていた。

e0242030_9121025.jpg


カラスの仕業だ。

ビルの1階に魚介中心の居酒屋がある。
そこが出した生ゴミを猫やらカラスやらが食いちらかす地獄絵を、私は毎朝見ている。

ここは11階だし、カラスに間違いない。

目の前のビルの屋上からは、この界隈の生ゴミ情報がよく見下ろせるようで、いつも数羽いる。
今まで、もんぺいがちょろちょろする姿も、あそこから見ていたんだろうか。

日中、網戸にして仕事に出ることが多い。

この骨は、
「あんたがおらんときにベランダから見てるぜ、うまそうやのう」
とわざわざカラスが挑発しているに違いないと思った。

いわば
挑戦状だ。

昼間は、これからはエアコンを入れよう。
あやつらに、モンペイを食われてたまるか。

e0242030_9125332.jpg


e0242030_913621.jpg


e0242030_913201.jpg


e0242030_9133385.jpg


e0242030_9134859.jpg


e0242030_914490.jpg

[PR]
# by vich-han | 2010-06-06 18:19 | もんぺい成長記
Copyright c 2004-2013MONPEI&VICH, Ltd. All Rights Reserved.