2017年 04月 08日

きついぞー

ずっとずっと働いてる。もうずっと。そして一日中。
ここは猛烈な山場なので頑張りきらなくてはならない。

癒しというのもがどんなに大事なのかわかる。

ちょっとした仲間の気持ち。
帰宅して見るかわいい姿。

e0242030_03111353.jpg

仕事やると一緒のプロジェクトの他の部署の仲間は無責任のムの字もない。
私が楽になるように目真っ赤にして今日も調べて簡略化し、助けてくれる。

ゴールは来週だ。頑張る。

私はやはり、仕事が好きだな。チームプロジェクトが好きだ。
一緒のフロアで働いてるんで、お互いありがとう、すまんねとか、言いながら
出来ウンヌンより、スムーズに滞りなくやり遂げることが大事だと思う。

またいい仕事しようやって、思えたらいいなと、もうちょっと頑張る。

同じ係の言いっぱなしのオッサンはもう適当に考えることにした。





[PR]
# by vich-han | 2017-04-08 03:16 | 呑んだくれの戯言

2017年 04月 05日

昭和は忘れろ

疲れた。

とにかく。

なぜ疲れたのかは、エセ正義感があるジジイのせいだ。

私の人情とこのジジジイの人情にはどちらも正解がない。

このジジイは優しい人だ。弱い者に優しい。
弱い人を助ける本能が野生動物のようにあり、それには理屈が無い優しいとこがある。
でも、自分が犠牲になってまでフォローする男気はゼロだ。

つまり言いっぱなしだ。
俺今日は特にいいこと言った。じゃ、またの!ってな滅多にこないスーパーマン気取りだ。

自分はこのジジイのエセ男気をフォローするため、一日中フォローするシフトがずっと待ってる。とんでもない勤務時間だ。
先月も8回のうち2回公休出勤したけど、代休できるメドがたたない。
あやつらは月の半分が有給と公休だから突発的な繁忙期とか知らない。

でも、残業はしてはいしてはいけない会社なので、
このアホのような勤務は、勤怠表に書かれることもない。

わたしはもうずっと月に2、3度メシを後輩におごる時間以外は
メシの休憩タイムなんてとったことない。

今メシいかんと食えねえ、食いっぱぐれるという職場でR。食いたくなくても。

んでメシからはよ帰らんと、勤務時間も全うしてない、はよ帰りたいくそジジイがイライラしてるのだ。
20分で帰ってこいというので、もうこの2年メシにずっと行ったことない。胃が痛くなるので行く気力も無い。

こっそり、ジジイどもがおらんときに後輩連れて焼き肉おごったりで。
そんなときはこんなゆっくりメシ毎日にしたいなとクヨクヨ悩んだり、外食の肉ランちウメエなとかで。

ここは私のブログだ。
言わせてくれ。

バブルの匂いは死んでくれ。
60分休憩は権利だ。ゆっくり行かせろ






[PR]
# by vich-han | 2017-04-05 02:04 | 呑んだくれの戯言

2017年 04月 03日

最近愚痴だらけだな

会社の私が所属する課はAとBと2つ違う業務をしなくてはならない。
もともと別だったのだが、1年半前に統合された。

Aが高齢化が進んで数年後には限界係になるからだ。
後輩二人が年寄りにどやされるのもつらく
私が甘やかして大人になってない的なことばかり言われ。
でもそんな時代じゃないんだよ。
あんたらの子どももそんなもんでしょうよ。

私は今日ほど虚しい日はなかった。
古くからの後輩二人と別の、もう一人のこの一年可愛がってきた新人42歳の後輩が私の前でブルブル震えて逆恨みしており。
私は刺されるのかとマジこわいほど、目がイッテて。
なにか話すと尿もらしそうなほど怯えてた。
教えて励まして懐寂しいくせ無理していいメシおごってが全部恨みに変わったようだ。トホホ。

私はそんなに悪いことしたのかな。
うちの子たちが彼を足手まといというし自分もそう思うけど、いっぱい良い部分あって、
別部署なら100倍やれると思ったんで、契約延長願い、よそと兼任異動お願いした。
0からソフトを教えた。他人の心にノックするセンスがないことは最初からわかってた。
心に作業に優劣があるようなので信用できなかったんだ。
こういう仕事はずっと果てしなく地味な作業ばかなんだよ。
華やかなんてないんだよ。どんな形でもたたずまいの美しさを追求することに優劣はない。


一回家が決まらないとかそんな理由で辞めると言ったので2回目に引き留めた。
後輩から、引き止めんでくださいとダメダシ。トホホ

人事異動ってそんなにアンハッピーなのだろうか。
私が異動できるなら、滞った人間関係とは別に新たな人との出会いがありこんなハッピーなことないと思うのに。
給料下がるなら怒るけど、同じならいっぱい社内で縁があったが近い将来プラス。
私はそんな組織にさんざん振り回された人生をエンジョイしてきた。
そのとき私は給料も落ちてもそんな凹まず楽しかった。若かったからかな。
給料変わらず、大活躍できるんじゃない?って異動で逆恨みはないじゃんけ。
私が異動したいよ本気で。無責任でゴネれて上司や先輩にギャフンさせようと被害者ぶってが
通用できるならこんないい職場ない。

凹まず楽しんでほしいんだ。
私はどんなに恨まれてもいい。
漠然ときれいごとを描くデザインより、なにより人生や思考を自分でデザインするのが最重要なんだ。
話はそっからだ。

自分も負けないでテメエを最後まで見届けるから。
私が鬼と思うなら刺すなら刺せと私は人生を動かしてる。
8000円プラスの上司手当のためにね。
てめえ頑張れよマジ、、、
心配してんのにな

今日は泣きたかった。



[PR]
# by vich-han | 2017-04-03 02:49

2017年 03月 31日

姉指令の風呂あと、

姉。シーズン2。

風呂からあがってまったりしてると姉から約束の電話がきた。

いつもより平穏なので長くは話せる。

義兄さんが飲みに行ってて退屈なようなことをチラっと白状した。

もうw退屈しのぎかよ。

世の中出会う人は他人に対していつもこうだ。
人間てどこまでも刹那や突発で他人への要求がデカイ

地球は自分のために回ってないことくらい、9歳くらいではっきり気づき、
他人を恨んだりもなくなるものだ。

姉のことは真剣に考えるが、他人のことはできる範囲しかできんん、
平和ならいいひとぶろうなんて思わない。

だから、物悲しくても、私はいやな冷たい人間と言われようとも冷静な境界線がいる。


[PR]
# by vich-han | 2017-03-31 01:02 | 呑んだくれの戯言

2017年 03月 30日

数日前から私へのおおげさすぎな心配で
姉から何度電話がきてて、うざいが
さっき電話かけた。

いやさっきではない。2時間前くらい。

いっぱい話した
こっちも心配してることも。

てなことで、がんばってね、またね。

と何度も言うが、切らない。

やっと切ってくれた。
突然だが
「風呂入る、あんたも今から入り、でたらかけ直す」
だと、

姉の命令はしなくてはならない、
今から風呂入る。

ムカつくが、風呂入らなければならない。

てか入らんと、殺されそうだ。




[PR]
# by vich-han | 2017-03-30 23:39 | 呑んだくれの戯言

2017年 03月 30日

今月までで退職の、大先輩が65延長定年まぎわで軽い脳梗塞になり、
今日は外出許可をもらい事務処理に来られた。

私もちびっと泣きそうだったが、ヤツも目尻の涙をごまかし拭いた。

50年近く働いた。60年定年の時は私は知らない。
だから花贈りたかった、入院中なのだし。
遠方で見舞いもいけてない。

花?!そんなん嬉しくない、追い出すみたいやんか、花とかくだらないと
責任者の60歳の大先輩は一蹴したが(ほんと不粋)、
私は後輩に相談し共感してもらえ実行してもらった。後輩ありがとう。


花。
花が届ける元気に対しては年寄り、とくにジジイは弱い。
ものすごくうれしいのだ。そんなことわかってる。
1日長く持たす知恵も術も無いことに、戸惑い、
俺、知らんことばっかだと嫁に感謝しするもいい、
自分ももっと知らん世界を生きたいと思えばよし。

花は、なんだか、年々好きになる。
だから、先輩のジジイどもはたいがい花が好きだ。

花も命だからだ。同じ刻を過ごしてる、かわいい儚い命だからだ。



[PR]
# by vich-han | 2017-03-30 02:23 | 呑んだくれの戯言

2017年 03月 22日

あなたにおすすめ動画

you tubeで「あなたにおすすめ」というとこに入ってきた。


[PR]
# by vich-han | 2017-03-22 19:33 | うさぎが居なくなった日々

2017年 03月 14日

泣いて酔って支離滅裂。まぶたは垂れる。

昨日の夜は大好きなふくたんの訃報記事を見て、子どものように泣いた。
なにか言葉掛けのメールでもしないといけないのだが、胸がつまりそれどろではなかった。
なんであんなに可愛くてケナゲで美しい命を連れてっちゃうんだろう。
宝物なのにいつかは来ること、なんて悟りきれないよ。
現実をいま受け入れようとしてるうさ友さんの悲しみが伝わってくるようで全身が涙になった。

ブログを始めたころはうさ友さん二人だけが読者で、
コメ欄でお互いの愛兎のこといっぱい話したんだ。
ブログで見せてくださいとお願いすると、ブログなんてできるかしらと試行錯誤してくれて
可愛いふくたんを見せてくれたんだ。
うさ友さんの優しさはふくたんにはもちろんみんなに無限大で。私はずっとこれまで世話になってばかりいたんだ。
優しい人なのだ。

もんぺいにおやつを買ってあげてと、自分のパートで稼いだ中からお代が届いたことも何度かあった。
うさ友さんにとってはもんぺいはふくたんの弟のような存在だったと思う。
いつか必ずお返しと思いながらできていない。
私が乞食のような時期に、食料や服までずっと頂いたのに。
あのシャツはもんぺいがおやつねだるときにかじって、いっぱい穴が開いた。
それほど着たよ。
今はあの時期が報われて食べることには困ってないんだ。裕福じゃないけど、お返しはできる。
だからこれからなにか、と思ってたのになにもかも遅かった。
ふくたんになにもできなかった。
申しわけない気持ちでいっぱいだ。

仲間が広がっても、ふくたんを一度見れば愛せずにいられないようでみんな大ファンだった。

うさフェスでふくたんを抱っこした日のことは忘れられない。
ほんとにおりこうさんでびっくりした。穏やかなうさぎさんで、
愛情いっぱいで人間に甘えきってるかわいい子だった。

酒がまわり、蓋をしてた自分の積もってた淋しさも混ざり
わけわかんないくらい泣いた。
もんぺいに話しかけたりした。
もんぺいが確かにそばにいるような気持ちがした。
酔ってたからだろう。

お月様に行っても今後永遠に一緒にいることには違いない。
だけど、やはりあのふわもこを見ながら暮らせないのは淋しい。
毎日毎日気がかりで仕方ない子がいなくなった心の穴は、そっからしばらく幸福な思い出さえ悲しみや淋しさにどんどん変えてしまう。

私はかわいいふくたんとのお別れと、
もんぺいのことと、
そして可愛いうさぎたちが会わせてくれたこの縁が無くなってしまうようで淋しいのもある。

私はこのご縁を失いたくない。

それはもんぺいも悲しむことだ。
私は無礼な人間ですが、ずっと友だちで居たい。
ふわもこに心もってかれた仲間でいたい。

今頃。ふくたんはもんぺいに会ってお互いフリーズしながら挨拶してるよ。
もんぺいも興味半分、嬉しさびっくりで固まってるね。

月が覗けるならそんな可愛いチビたちを覗いてみたいね。かわいいだろうなあ。
ワイはふくたんのこと知ってるでーと、ひねりジャンプしてるかもしれないね。
人間が中に入ってるんじゃないってほど、二羽ともすっとんきょうな表情でかわいい二足歩行しながら、
うさぎの楽園を確かめてるね、きっと。
e0242030_03244727.jpg

----------
※泣いて目が腫れる、という経験はこれまでいっぱいあった。
 だが、年をとると腫れがひいたら目のほとんどを覆うほど、たるんでくるんだと知った。今日は視野が3分の1。
 もう泣いてはいけない。泣き虫だから泣くけども、でも、もうもんぺいへの淋しさでは日常絶対泣かない。


[PR]
# by vich-han | 2017-03-14 04:07 | うさぎが居なくなった日々

2017年 03月 10日

感情

同じ職場の定年後66のパートの方との会話。

この前一緒に休憩したときに、自宅で飼ってた室内犬が亡くなった話を聞いた。

「(犬に)心臓の病気がずっとあってね、こんな状況が続いてたけん、
なんがあってもおかしくないととうの昔に医者に言われとったんやけどね。
今日ちょっと違う気もしてたはしてたのはしてた。夜トイレ起きてふと見たら死んでたんよ。
んで嫁起こしたら嫁がわんわん泣いて一緒に寝ると言って、
嫁が嫁の寝室につれてった、

そんときはなんの感情もなくて。てか俺、あんまりそういうの悲しいとか思ったことこれまで一度もないちゃんね。
んで朝、犬を火葬してうちの墓にいれようと淡々と段ボールに入れようと抱きかかえたんよね。

そしたら涙がさバラバラ出て来て、止まらんなって。
え、おれ、涙出とる。前みえん、って自分でびっくりして。
ほんと止まらんのよ。なんでかってくらい。えー、前見えん、ってびっくりしたんよ。

俺、親死んでも涙一滴も出らんやって、この年まで感情で泣いたことなくて、
ほんとびっくりしたっちゃ、
なんなんやろ、、
悲しいとかないのに、なんで涙でるんか、びっくりで。」


この話しをしたのは数日前。
大先輩は今日、軽い脳梗塞になったようで入院するそうだ。
3月末で延長満期定年だったのに。
残り少ない日を楽しく過ごしてドカンと送別会しようと思ってた矢先だ。

入院長引けば、もしかしたらもうこのまま退職されるかもしれないとみんなが言うてて
それはいかん、と思うがなんもできんのが今の私の気持ちだ。もちろん今日聞いただけだから
状況はわからないからなんも言えないけど。

なんかいろいろ言いたいことやまた笑いあいたい気持ちもあり、復職されないまま定年されるのは心残りだ。

先輩とのその会話でこう返事したのは覚えてる。
「悲しいから泣くんじゃないのは確かなんです、わかります。
 身体からこみあげてしまうのが感情、だと思うんです。
 だから○○さんは絶対悲しかったんですよ。それを俺のガラじゃないとか
 理性で覆い隠そうと全否定しても、身体が嘘を言わずびっくりでしょうが絶対悲しかったんですよ
 自分もうさぎんときそうでした」

と言った。

いろいろ自分の人生のことも考え、詰まるとこがあったのかもしれないと今は思う。

復帰されて、おー生き返ってきやがりましたかコノ死に損ないめ。とまたアハハと笑い合いたいんで、
退職前に絶対また復活してください。祈ります。


[PR]
# by vich-han | 2017-03-10 02:32 | うさぎが居なくなった日々

2017年 03月 05日

どこに居るのかな

もんちゃん、元気か。

元気なんかな。もうどこにも居ないのかな

ういーーーーってくらい淋しいなあ


e0242030_22052345.jpg



e0242030_22052526.jpg



e0242030_22100303.jpg



[PR]
# by vich-han | 2017-03-05 22:14 | うさぎが居なくなった日々
Copyright c 2004-2013MONPEI&VICH, Ltd. All Rights Reserved.