「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2016年 12月 29日

来年もヨロなのだ

e0242030_04054205.jpg

明日から姉のうちに行く。
もんぺいという言い訳もあり、
毎年避けていたことだが、今年はおせちの件もあり避けられるはずもなく。

先日クリスマスか。
姉夫婦の家に不覚にも泊まった。昔から絶対に我が家にボロボロになってでも帰ってたのに。
年のせいか、あの日はとてつもなく酔っぱらったのだ。

姉たちと一緒にいて楽しいのだけど、友人のように依存してしまう気持ちが怖かったり、
私は心身そんな強くないんで強靭な姉夫婦と過ごすのが疲れすぎるのとか、
一緒に過ごしたくない原因はいろいろなのだ。

義兄が「毎年元旦は山に登りいくけんねー!」と言ったのは記憶ある。
姉は近所の山に毎朝登るほど山歩きが昔から好きなのは知ってる。
姉には抵抗できても夫婦で予定組まれるとそれは逆らっちゃいけんことのように思い、恐ろしい。

ねえ。元旦に山登りって正気かよ。
想像するだけでゾッとする。
31日は死ぬほど飲んで、起きれない人になろうと思ったり。

でも元旦からそれでいいのかとも思うし。

結局登るのだろうか私は。
早起きさえ無理なのに、これはかなりおそろしすぎる。


e0242030_03574245.jpg

姉夫婦の家で飲み腐れながら作ったきんかんシロップ煮。風邪を人3倍ひくのでめっさ作る。

今年ははじけたのが多かった。

ちゃんと穴あけたのにな。
こっそり、おおざっぱな姉が空けたのがだめだったんだろうと言い訳。

はたして来年はいい年になるのか、なあ。







[PR]
by vich-han | 2016-12-29 04:13 | 呑んだくれの戯言

2016年 12月 24日

メリクリ

明日起きて、新聞とるために玄関開けたら
e0242030_21460195.jpg

もんぺいがいたら。
神もサンタも信じる。

今日だって盛大にこいつのために目から塩水が止まらん。

いっぱい思い出がありすぎてよ。
困ってるんだよもんぺい。

年末明日は墓参りがてらまた種まこう。








[PR]
by vich-han | 2016-12-24 21:51 | うさぎが居なくなった日々 | Comments(0)

2016年 12月 23日

来年のホーフ

e0242030_23182150.jpg


今日は、早めに会社に行き、コートも脱がず血相変えて直行で話しに行った。

私はあまり翌日までカッカした気持ちを持続できない。
朝になればどうでもよくて、一番めんどくさいことになる。
引きずるダメージは生命の危機だと脳が指令してるせいなのかな。昔から翌日になったらなにもかもどうでもいい。

今日は自分の中でいろいろ考えてから、一番建設的な方法を話そうと思って行った。
いざとなれば、仕事上のことでめんどくさいとか言うな!と怒ろうとココロに懐刀を持って、だ。
一応、プチ怒りを持続しなければならない使命感はあった。

だけどカワウソのようにつぶらな目で話す彼とおだやかに話しができた。

つまりはうちが悪い、と思った。

だが、コトの発端は少し見ていたので、うちの後輩がぬれぎぬで納得できない部分が許せず、
組織の中で個人として他部の新人ににルールを敷く、ということをした。
そうだよなとそれを放任してた私が一番悪い、と思った。

うちの後輩も向こうもみんな完璧に仕事をしてるからこそ、
遠回りな話しで大きな例え話で係同士でプチ闘争になったつまらない話しだ。
うちの後輩がムっとしてるのも気持ちもわかるし、
まあ、なんとかせんと。

めんどくさい、という言動をされるとかなりムっとする私だが、誰よりこんな小さなイサカイがめんどくさいと思っている。

さて、
今日は、後輩と「もう明日24日や」「早いねえあっというまだ」なんてやりとりで、
老人の世話話のように来年の豊富を話しあった。

改善すべき話が服。が主だった。
後輩たちはおしゃれしたい年頃だろうが、嫁も子どもも出来て価値観を変える岐路に来てるのだろう。

来年は服は3着にしにして断捨離しようと話した。

それから動物番組を会社で見た。
「動物って必死っすね。俺、こんな弱肉強食で食うも食われるも必死なの見てたら、なんでもやれる気になった」
なんて単純なナイスガイは言う。
ほんとだね。

来年の豊富は「いつだって本気」だ。
尖ったナイフのように、ピリピリと生きるのだ。
三年寝太郎のような生活はやめよう。
自分に沸き起こるめんどくさい、を毎日憎もう。

あ、明日宝くじ買おう。
めんどくさいけど、行こう。

e0242030_23182419.jpg





[PR]
by vich-han | 2016-12-23 23:23 | 呑んだくれの戯言 | Comments(2)

2016年 12月 21日

自分を超えていけ

ここ半年、ずっと41歳の新人の物覚えの悪さに頭を悩ませていて。
それは彼が覚えが悪いのではなく、反芻したり自習しないからだ。

何度も「もう一回同じことしたら覚えるから、初めてやるようイチから練習もっかいしてね」
というが、まずしない。
で、次またリセットでこれまた驚くことに教えた前々のことまで、よけい忘れているのだ。

「しろテメー」と言わないとやらない大物なのでR。
同じ係の他の先輩のようにそんなこと言えるわけがなく。

さすがの私も何度か怒ったことがある。
でも、竹中直人の笑いながら怒る男の芸を見てるように、
ハァ、というだけで私の怒りは効かないのだ。



私も40過ぎてこの会社に転職した。
一週間でひとりぼっちの勤務になった。
最初は不安でいっぱい自分で努力みたいなことしたし
違う部の人に教えも請うてまくった。
だってわからないんだし出来ないままやわからないままだと明日が怖いし、なんとかしなけばと思ったし。
他の後輩も同じで。だからみんな教えずとも作業が自然と似た動きになる。

新人については、最近もう驚くほど初期の記憶が無くなっていて、
基礎基礎の基礎の基礎まで忘れていることがわかった。

教えて来た私はもう、ほとほと今日は疲れて、
家帰ってきて、バッグエイヤっと投げてゴラアッと泣くしかできん。
40も超えてコミュニケーションも向上心努力もなんもできんやなんて、情けなさすぎて泣くしかねえ。

ネットで話題のこの動画見てすこし元気なった。

みなさんよいクリスマスを。




胸の中にあるもの
いつか見えなくなるもの
それはそばにいること
いつも思い出して

二人を超えて行け
一人を超えていけ


んでもんぺい
e0242030_21222795.jpg









[PR]
by vich-han | 2016-12-21 21:37 | 呑んだくれの戯言 | Comments(2)

2016年 12月 15日

もんぺいってやつが居ました

e0242030_00251726.jpg
ひさびさの今日あたり一部分のアイツの非公開記事を公開してリンク貼ります。
ブログが分散してて、転載に時間がかかるので転載してたぶんだけ。

今読み返しても、誰がどう思おうとも私はこの時の生活、その時の自分の価値観を愛します。

エイさんありがとう、携帯にある何度も載せたもんぺいの写真アップでありがとう言うてくれるやなんて、
ぽろぽろ泣いてしまいます。

気持ちも日常生活もすでにサッパリしてるのだけど、
もんぺいのことなると、ウイヤッて鼻の奥がツンとして少しフリーズするのです。
だから昔のブログを見るのもきつくなり。

今日少しまた復活。

寄り添えてもらえてる方ありがとうございます。
同じ気持ちわかってもらえると思うと、道が見えてくる気がします。
ありがとうございます。

いえいえ、私はもう毎日楽しく過ごしてます。
もんぺいが居ない、ってことはまだきついし、それを思うと今でもワンワン泣いてしまいそうですが、
大丈夫。

ただ、なんかよくわからんのやけど、
よく言うでしょ。
あの世で会えるとか待ってるとか。
私もそうずいぶんハンパな慰めいっぱいこれまで言いました。

もうそんな気休めの時は超え、ほんとに会えるのかな、
天寿全うすればほんとにもんちゃんにまた会える日が来るのかよ。誰かそれ見たのかよ。
って会いたくて真実か否かわからず歯がゆく思うのです。


結局私が生きてねば、もんぺいは生き続けないのかと。
だんだんそんな気がしてます。
あの世もなにも、
もう会えないことも、少し覚悟しています。

見たことないので、もんちゃんが今いる世界は、わからないずくしです。

ただ、思い出す時間があるのならば、お互いにニャハーと笑顔になる気もします。
きっともんぺいも毎日楽しかったはずだったから。


2010年
12月1日どんぶり牧草
12月1日「こだわりは永遠に
12月2日「うさぎに見えない
12月3日「汚部屋の天使
12月4日「ブサイク寝
12月5日「飽きたらしい




ああもう少しアップしたかった。
この頃の出会い。懐かしい。





[PR]
by vich-han | 2016-12-15 00:27 | うさぎが居なくなった日々 | Comments(2)

2016年 12月 12日

アミード

住んでる部屋のビル外壁部分の工事が始まっている。

お知らせやアンケートなどが新聞受けに入ってるたびに
「困った。」と一人うめいている。

室外機やパラボラアンテナのいったん撤去などは管理会社負担らしいが。
家の中に人が出入りするので、それも難儀なことだ。

いま一番の悩みは網戸だ。
網戸を室内に入れろと指示がきた。

ご丁寧に、この際取り外しや張り替えや保管を業者にお任せしないですかというお手紙つきだ。
1枚8000円、小型7000円だ。
なに商売してんだよ(怒
賃貸だから破れかぶれだって出さねーし。(やぶれてないけど)

しかし、13日明日までの申し込み期限だから、切羽詰まっている。
むこうの、面格子がある出窓の網戸が心配で一週間悩んでいるんだ。
ベランダはない出窓。部屋の位置は高層だ。

外そうとして、いったん外せて、
それがもし家の中に入らなければどうなる?ってことをずっとおびえていた。
網戸って室内に素直に入るかわからない。
面格子あるんで角度つけれない。
ネットで外し方見ても、どれも盛大に角度つけてナナメに入れてる。
んで、室内には窓サッシ外さんと無理とまでの情報が満載でおびえている。

なあに、そう言うても外せるんやないかな。と思いつつ、
角度つけれず室内に入れることが不可能な時は。。と想像ばかりしている。
腕は垂直。もう無理と気づく。
そ、そのときトイレしたなったら、もう限界ならさ、手を離してしまうよな。
10数階下に落下、
運悪く人がおれば、殺人やん。誰か死んでまうかもと無理くり作業は殺人だ。
どうすればいいんだ。タコ糸で命綱つけて外すのやってみて、無理ならタコ糸で10数階下にゆるゆると降ろせばいいのか。
工事の足場もいっぱいあり、それも難航しそうだ。。

うむううううう。

だから会社にいる人に切実な悩みとして相談してた。
誰も彼もヒトゴトあいまいで、適当な返事でソラコマッタコトデスナア的な、、

うわあと思ってて、

会社で一番ボケてるじいさんに今日真剣に相談した。
相談というよりもう、いっぱいいっぱいで、誰かに聞いてほしいくらいな感じで。

んならこのじいさんが、思いのほか的確な答えを言った。

「やってみて、だめならまたもとの網戸の場所に付けたらいいんやない」


ああ、目からウローコ。

そか。
外せたから、入れれなければ、また付ければいいのか。

と、とりあえず手元さえ狂わねば、人殺しにならず済みそうだ。






[PR]
by vich-han | 2016-12-12 20:33 | うさぎが居なくなった日々 | Comments(4)

2016年 12月 11日

もんぺいに会った。



贈り物


e0242030_21431994.jpg

開けて見た瞬間、雨のように泣いた。
あんまりボタボタ涙が落ちるので、
濡らしたらあかんやろってアホやねえと拭ってもまた落ちてくるのだ。

もんちゃん、まだ途中やけどね、家の掃除頑張ったよ今日。

まだもんちゃんが触れてたものなど捨てきれないものがありすぎて、片付かないし
引っ越せないよ。

でももうそろそろなんだね。

ペレットも牧草ももう賞味期限だ。

でもまた、たまに買うよ。

e0242030_21441287.jpg

とうの前にいろいろと理性的に整理できてるのだけど、
克服できない部分がひとつだけあって。

「さみしい」ということだ。

もんぺいのツラ見れないのが淋しいのは、わりと長くしんどいもんだ。

ゴロンチョして、夢ごこちでこっち見てて、
よっこいしょとベッドに運ぶんだ。
毛繕いやマッサージして。

寝たきりのもんぺいが恋しい。愛おしい。

e0242030_21453024.jpg

いつの日か

うさぎをまたお迎えすることは、いつか、やぶさかではありません。

が、こんな顔したベビがいないんです。
いたら教えてください。

私はもんちゃんの顔や表情や生意気な態度が好きだったのでまたそっくりな子に会いたい。


e0242030_21460195.jpg




[PR]
by vich-han | 2016-12-11 21:57 | うさぎが居なくなった日々 | Comments(1)

2016年 12月 08日

たん

ひとり言ついでに、、ずっと気になっていることを書こう。

福岡県の人は「サ行」が苦手のようだ。
博多育ちの私も先生がシェンシェーになる。

会社の先輩は北九州方面で、微妙に違うことに気がついた。
先生は、「てんてい」だ。間違いない。そう言ってる。

なので、私を呼ぶ時は『○○○○タン』と言っている。
大真面目に「〜さん」と言ってるつもりだろうが、タン付けで呼んでいる。
田中たん、鈴木たん、岡村たん、みたいな。

しかももう一個、私の名前はサ行の「シ」が入っており、これがいつも「て」になっている。
「○○て○たん」だ。なんとも可愛いこっ恥ずかしい響きだ。

先輩はマフィアのような怖い風貌だ。
そんなオジキに、たん付けで呼ばれる不思議な職場なのである。

e0242030_21391016.jpg

しゃて。ビッチたん仕事いってきまつ。もんぺいたんお月様で元気かい。






[PR]
by vich-han | 2016-12-08 13:35 | うさぎが居なくなった日々

2016年 12月 06日

追悼記事

なんて書ける気力がない。

私たちの宝物が一個一個消えていく。
e0242030_21390469.jpg



e0242030_21390863.jpg

愛おしい存在で。私たち人間は戸惑い嘆き悲しみどうしようもないけど、
うさぎを、私たちを、信じよう。

大丈夫だよ。

それだけ。


[PR]
by vich-han | 2016-12-06 21:44 | ビッチ絵空画廊

2016年 12月 01日

鼻水星人

風邪で昨日から仕事を休んだ。
今日は出社するつもりでボケボケしながらズボンに足を通していたのだけど、
上司から電話で来るなと連絡が来た。

追いかけで先ほど先輩から電話がきて日曜まで休んで、と通達が来た。

大げさな。
と思うけども実際ボロボロのヨレヨレだ。
喘息も伴いヒューゴロゴロロと鳴りながら生きる鼻水星人と化してる。

そもそもこの風邪は大先輩から移されて相当長引いている。
野菜嫌いなのでこういう時神さまがテキメンに罰を与えてくる。トホホだよ全く。

今月は仕事もなにかと忙しいのにな。
みんなに迷惑かけ申し訳ない。

ああそうだ。
本当に今月は忙しい。

何年か前に友が正月に来るのでお節を作り、
そのおすそわけで料理を姉にやった。
私は自炊はほとんどしないけど、ああいうゴージャスな感じの料理は
デザインのようで好きだ。

義兄がいたく感動したようで、どこに行っても自慢する。
板前にも自慢するんだから身内ビイキの痛い姉夫婦だ。

ここまではいい。自慢され悪い気はしない。

だが、姉が先日、衝撃的なことを言ってきた。

「今年は5軒分作らんといかんよ」と。

見知らぬスナックのママさんや姉夫婦の友人の家庭の分までということだ。

これはもはや業務である。

ともあれそれまでに風邪治さないと、なんにも味しない。
鼻水星人から年末は必殺料理人と化さなければならぬ。

むむむ。なんでこんな試練が人生にたびたび待ち受けているのかわかんね。

はやく元気なろう。


[PR]
by vich-han | 2016-12-01 13:42 | うさぎが居なくなった日々
Copyright c 2004-2013MONPEI&VICH, Ltd. All Rights Reserved.