カテゴリ:呑んだくれの戯言( 93 )

2013年 05月 26日

もんぺいはウイウイ

e0242030_22564851.jpg



太川陽介はルイルイ

e0242030_23455419.jpg



e0242030_002716.jpg
家がこんなに幸福だなんて。
もう外いきたくナイヨー
でもメシ稼がんとね。
頑張ろう頑張ろう。

なにもかも、なにもかもに素直になりたい。
小さな子どものように、ね。

自分ルールで貫き通せないヨワヨワ人間。

智に働けば角が立つ情に棹させば流される。兎角に人の世は住みにくい。(漱石)
[PR]
by vich-han | 2013-05-26 00:03 | 呑んだくれの戯言

2013年 05月 24日

ニョロ毛に誓う。

会社の仕事、まったくやる気なし蔵の毎日です。
咳とクシャミのしすぎか、ここずっと脇腹が痛いのがひどくなる一方で、
漠然とした健康面の不安も伴って気力が地に墜ちてまス。

日々コジェニの積み重ねと思って忍ニンニンと耐えてたけども、
世話になった上司や、心穏やかな仲間の異動や退職で、
ぽっかりと心に塞ぎようがないほどの穴が空いた。

やめたいな。

ぬぐってもぬぐってもこの思いは脳から離れそうもない。

となりの部の方より
「○○さん、背中曲がってますヨ。全身から疲れがドヨーンて(苦笑)」
と言われ、えええ?シャンとせにゃですねえ!!と返事した。

思いがけない人にそう言われて、気がついた。
ここ最近、冗談をよく話しかけられる。目に映る笑顔が増えた。
いつの間にかガラッパチな性格だけはよく知られているようだ。
よく考えてみれば、1人体制というシフトもあり、最初の1、2年は
誰とも会話しない毎日だったのにね。

そうか。
なんだかんだで、ここの人間に馴染んでたんだ、な。

もうちょっと、もうちょっとだけがんばってみるか。
誰かがきっと見ている。脂汗かきながら頑張った日も、ため息ついた日も。
今のままじゃダメだ。心がけをきちんとしよう。

もんぺいも鼻の横にニョロ毛出して可愛いし、仕事頑張れ自分。うん

e0242030_20115210.jpg


e0242030_20113424.jpg

[PR]
by vich-han | 2013-05-24 20:49 | 呑んだくれの戯言

2012年 07月 23日

遠い未来

e0242030_21484392.jpg


ブログを巡回していると、
暑すぎたり、涼しすぎたりで、
調子を落としているうさぎさんをよく目にする今日この頃だ。

うちのもんぺい坊主も、いつそういうことになるかわからないので、
やはり、いつもドキドキする。
足くらいの毛玉をモシャモシャ食べてることなんてしょっちゅうで、見かけたら口から取ってるが、
この3年、どれだけの大毛玉を食ったかわからない。
なので、うさかいさんに、なにひとつ、教えれることなんてない。
このブログを参考にもしてほしくない。

e0242030_21494678.jpg



この世でたった一人の家族だもんね。
そうそう簡単に逝かないんだ。

もし月にいっても

もう泣かないで。悔やまないで。1日も早く忘れて。でも時々思い出して。
いつも笑って。幸福でいっぱいでいて。

と、言うと思う。

e0242030_2150365.jpg


天命が近いうさぎさんと暮らしていると、いつも、そんなことを、考える。
一人で見送る覚悟はまだないけれど、うっすら心の準備をいつの日からしている。



でも、
それは
遠い遠い、とても遠い未来。
[PR]
by vich-han | 2012-07-23 22:10 | 呑んだくれの戯言

2012年 07月 20日

酔っぱらいの誓い

e0242030_0455067.jpg
(まだ洗濯もの入れが玄関にある。
あれは手のひらサイズに収納できるので買ったのだけど。
もはや玄関マットのようにずっとあそこにある。笑)


家。このままではだみだー。
散らかっている。
人間的にも壊れているような気もする。
いや、気のせいじゃなかろう。

家のことなんざ、したくないときはなにもせんでいいやんか。
と、自分に甘い言葉をささやきながら、
ここずっと過ごしてきたが、さすがに目に余る・・・・。

もんぺいは慣れっこで、いろんな障害物を乗り越えながら
あんがい嬉しそうに跳んでいる。

やつは布団をペットシーツと間違えることもあるが、
ゴミのことはゴミ、と知っているウサギなのでR。
いや、もんぺいから見ると、もはやビッチは
ペットシーツに寝ているケッタイな人間なのであろう。

e0242030_046393.jpg
ガムテープも転がってるねえ。
なんでなんだろう。不思議だねえ


月末に遠方から嬉しい人が九州上陸、もんぺいに会いに来てくれるというので
まじー!バンザーイって大喜びなのだが
この家の現状にゾゾーとする自分もいる 笑

その日までに休みは今週の土日があるが、
この日に掃除したところで、1週間もあればまた元の木阿弥だろう。

てえことは、だ。
週末にゴミを捨てて、えっと、週の真ん中あたりで・・・・

って。こんな計画ブログにすることじゃないな。

もんぺいと人間だけのふたり暮らしなのになんでこう意味なく散らかるんだろう。
不思議だなあ。

うさ家族仲間に、北陸と関東に掃除鬼嫁が2名おりますが、
いまこそ君たちの腕の見せどころなのかもしれない。笑。
家来になるから、どこでもドア探して掃除してくりー

e0242030_0461758.jpg
障害物を乗り越えてまで靴を匂いにいくもんぺい丼。笑


おーーし。掃除シャカリキがんばっちゃうもんね。
いらんもん全部捨てよ。
明日から生まれ変わるぞ。ウン。


酔っぱらいができそうにないことを誓ってみる。
いやいや、やらんと。
[PR]
by vich-han | 2012-07-20 01:16 | 呑んだくれの戯言

2012年 07月 19日

本当の幸せ教えてよ

ただいま。

e0242030_2172320.jpg


まだまだ先でええと思っていたが、
旧式携帯からスマホに変えなければならない世の中のようだ。

数月前か。
会社のS氏からこう言われた。
「いや、だってですよ、これから携帯が全部スマホになるんですよ?
 それならいま替えてた方がいいですよ。慣れるに時間かかるし。
 いま持ってるその携帯、もうなくなるんですから。」

またたくまに会社の人は続々とスマホになった。
誰もが暇さえありゃにいじくっている。

今日はスマホ持ちのY氏からこう言われた。
「やっぱ、これからも頑固にその携帯でいきますか」

いやいやいやいや、買い替えないかんのだけど、ショップに行くのが面倒だし。
これまだ使えるし。よーあんたらマメやねえ。

ちなみにY氏は、ちょっと前に、いの一番でスマホを買った若手に
「友達がいない金持ちのボンみたいに
 新しいもんで人気者になろうとしてー」なんてチャカしてたのである。

e0242030_2383284.jpg


そのあと、若いA氏にこう言われた。
「いやあ、地下鉄に乗ってて、たまにそういう携帯持ってる人、まだいますよね
 なつかしいというか。昔はそうだったなあ、みたいな。」

ええええ。
そんなに?
そんなにもうそんなになのか。

この携帯を持っているってことはノートのことを「帳面」といったり、
お金を鼻紙で包んで渡すようなことと同じことなのか。

知らなかった。
そんなことになってるなんて、でんでん知らなかったんだ(北の国からの純風)

今度、休みに買いにいこう。
その前に、少し、目がモヤっとするから老眼スイッチきたかもしんないんで
メガネ屋にも行ってみよう。
なんだかヤバすヤバす。若いつもりでもキテんだな。ヒー

e0242030_239775.jpg


ちなみにここ2週間で、2回ほど、鍵を閉め忘れて会社行ったようです。
帰宅して玄関の鍵、開けると閉まった、みたいな。

もんちゃんは無事。

この家に入っても、泥棒も逃げるだろう。
本当の幸せ教えてよ的な壊れかけのカメラしかないのだから。

ルールルルー(北キツネ呼んでみた)
はい、酔ってます。くはは。

本音いうと、もんぺいと酒さえあれば、他になんもいらんのやけど、なあ。
[PR]
by vich-han | 2012-07-19 02:51 | 呑んだくれの戯言

2012年 07月 16日

いじめ問題

e0242030_20324123.jpg


昔話。
学年すべてから小学校のときから汚いもん扱い受けてる子がいて、
中学で初合流した。
その子は中学でなにかが変わると期待していただろうけど
多数が同じ小学校出身で、やっぱり中学になっても意味なく特別に嫌われてた。

気づいた親が出てきたので、ホームルームで、それが問題になった。
学年みんなで汚いもん扱いしてんだから、こんな場も四面楚歌に決まってる。
それでも言われたらこんなことをするのが先生。

誰が一番ひどいのか、誰が暴力ふるうのか、
とみんなの前で先生がその子に聞いた時、
その指はビッチに向けられた。

えええええ。違うやん。
なんでなんでなんで。あいさつだって、面白い話だって、してたやん。
なんでだよ。
なんで。
母ちゃんが呼びだされて泣く姿を思ったら、もうたまらない。

一気に罪を負った自分は、帰りに、怒った、
許さんと。殴ろうかとまで思ったが、やめた。
夢で人を殴ったら自分の手が鉛のように重たくしびれ痛かった。
親に叩かれたことも、他人を叩いた経験もいまだない。

でもやっぱり釈然とせず、
翌日からシカトした。

数日後。先生に呼ばれた。
みんなの前で言っても、笑って許してくれそうだからお前の名前いったんだと
本人から聞いたと。

でも、もう、自分、もうカスなんですよ。
意地悪な態度とったしね。
これからもそれを聞いたからって、もう態度変えれない。

ごめんけど、先生。
先生のやったことって、
いったいなんだったんだ。

いまだにわからない。

卒業するまで、あの子への学年全体からのいじめは終わらなかった。
学年でクラスが変わり、縁遠くなったが、
いつまでたっても、ほんとうに苦々しい、悲しい思い出だ。

e0242030_20342483.jpg


いじめってのはだれもがどちらかだったり、傍観者だったり、
経験ない人間なんていないだろう?
法律が裁く前にネットでの社会的制裁は自分はいやだ。
いまいちど、自分のときからはじまってたことを考えてみるのも
いじめ自殺した子への追悼になると思って昔話を書いた。

かくいうビッチも小学校まで友達もいないし、いじめというか
いつもひとりぼっちでなんとなく仲間外れで意地悪もされた。

いまはたくさんの究極の「きっかけ」が次々にあらわれているような気がする。
いまタケノコみたいに出て来た問題じゃないってことくらい
大人がちゃんと表現しなきゃと思う。

傷ついたことは覚えてても、傷つけた方はあんがい、
初めてみたイジメ物語みたいに今回の事件をみていると思うと、
世の中はあんま変わらない気がするんだがな。

自分も含め、大人ってほんと都合ええ記憶装置だからな。

e0242030_20344299.jpg

[PR]
by vich-han | 2012-07-16 20:38 | 呑んだくれの戯言

2012年 07月 15日

巨峰の名産地

写真は、雷ピカゴロドッシャンのなか、爆睡していたもんぺい。

カメラ、不安定だけど、なぜか電源オン復活した。
昨日の留守中、もんぺいが、
時計修理屋さんのようなメガネをかけて、直してくれたと思われ。笑

e0242030_13554635.jpg


いやはや。この街なかは大したことはなかったが、
11日から昨日まで降り続いた九州の熊本、福岡、大分3県の集中豪雨は凄まじかった。

あれだけの広範囲でほとんどの河川が大氾濫したのは、初めて見たような気がする。
この4日間で、平年の梅雨時期7月総雨量の1.5倍降ったというのだから、とんでもない。
あっというまに自宅前が胸の高さまで冠水したというコメントを読んだ。恐ろしい。

あの土壌豊かな地域で甚大な被害、これからの野菜や果物にも大影響だろう。

八女地方は、高級茶(玉露)も有名だが、果実の大産地でもあり、
自分的には、なんといってもなにより「巨峰様」が思い浮かぶ。
あそこらへんは、巨峰栽培に初めて成功した地域なのだ。
「あまおう」など、いちごの生産地でもある。

巨峰、子どもの頃からめっちゃ好きだ。
ごめんなさいと言ってしまうくらい好きだ。大声で好きだ(笑)
全部、一房食べたいというのが子どもからの夢だったが、
まだ一度も実践したことがない。

好きな食べ物をたらふく食べるのクエストはほとんどクリアしているのだけど、
巨峰だけはその気になれない。
どこかで巨峰を出されても、3粒くらいしか食べない。

あれはやっぱり、子どもの頃、強敵のきょうだいとつまみながら食うのがウマかった。
ノロノロと皮をむいてると、横から姉がブリブリと皮を口から出して
ハイスピードでどんどん食っている。
コノヤロウ、と思うが我慢。

なんてそんなことが、たぶん、より一層おいしくさせてたんだなあ。

よし、今日は巨峰がもしあったら買ってこよう。

e0242030_13593953.jpg


3.11の地震、大津波をはじめ、噴火、豪雨に洪水、竜巻など
日本人の経験や想像をはるかに超える災害が続く。
一転、今日はからりと晴れてるのだから、仲良くしないと自然というのはうらめしいものだ。
あの莫大な自然の破壊力を、事前に予測して暮らしエネルギーに変え貯めることができたらいいのにね。
誰も被害なく、この100年分の自然パワー待ってたーって歓声があがるような、
そんな未来がいいねえ。

想定外の大災害の度に原発は大丈夫か!なんて、
日本人全員がいつまでも人間魚雷みたいなことやってるのは滑稽すぎると思うのだ。
[PR]
by vich-han | 2012-07-15 16:26 | 呑んだくれの戯言

2012年 07月 06日

もんぺいへ

e0242030_1975073.gifここはとても退屈で、ロンリーな場所なのかもしれない。
だけど、外いったら怖い天敵がいっぱいいる。
そしてとても暑いよ。

外で暮らしたこともないから、わからないだろうし、
箱庭生活には不満がもしかしたらあるかもだけど、
でもここにいなくちゃ、なんだよ。

こんな人間中心の生活のなかで、我慢もあるだろ。
おりこうさんじゃなくて全然いいから。
[PR]
by vich-han | 2012-07-06 19:16 | 呑んだくれの戯言

2012年 07月 01日

おめでとう

姪の状態が変化し、夜中から手術。輸血まで入れると4時間近くかかった。
どちらの無事も確認して今帰宅した。ビールが格別うまい。

すごくちっちゃくて端正な顔だちの男の子が生まれた。
保育器に入れられてちょっぴり痛々しいかったが、
生まれるだけでこんだけの人数の大人を心配させたから、わんぱくになるだろう。

お疲れさま。おめでとう。

君の若いお父さんが、君の姿をみたとたんポロポロと泣いていた。
君のおじいちゃんとおじさんは生まれても仕事で疲れて待合室でごんごん寝ていた。
君のおばあちゃんはICUで不覚にも屁をした。

親戚のビッチは、輸血は姉にかつがれていたようで、
おかげで呑んだ暮れず立ち合うことができた。
ノータッチだと少し縁遠い話になるが、
関わることで絆が深くなる魔法をまんまとかけられたようだ。

まじめな顔ができない一族なので、ICUで姪に笑い話ばかりして
看護士さんに静かにと叱られた。

お腹のなかで聞いてたかい。
大人になるまでこの日のことは耳にタコができるほど聞かされるだろう。

愉快な人生のスタートだよ。これからも一生笑い続ける運命に決まってる。
だから、うんといっぱい空気吸って
がんばって乗り越えるんだよ。


もんちゃん。留守番ありがとう。
[PR]
by vich-han | 2012-07-01 06:07 | 呑んだくれの戯言

2012年 06月 30日

がんばれよお

e0242030_2035556.jpg


今朝は二日酔いで、起きたもののギリギリまで二度寝し、
布団からドンと飛び出すように会社に向かった。

小走り途中に姉から電話。秋に出産を控えた姪が切迫流産?しかかって大出血、
入院先の産婦人科から大学病院のICUへと緊急移送されたそうだ。
血がとまらないまま今夜手術になれば血がいるかもしれないという。

思えば、身内で血液が同じ大型新人なのはあの子とビッチだけだ。

「ろれつちょっとまわってないけど酒残っとうやろ?」
「うん。二日酔い」
「うひゃー。もー。今から水2リッターばっか飲んで酒ちょっとでも抜いとっちゃらんね」
「この血、いけるやろか」
「○ちゃん(姪)に一応聞いとく。ビッちゃんの血、ドロドロやけどいいねって。」

手術、となれば、お腹をあけて赤ちゃんをとりあげるとあって、
今日にも若いばあちゃんになる姉は、動揺しながらもちょっとテンション高い。
母子ともに元気でどちらも命の危険はないとお墨付きをもらっているからなおさらのようだ。

どんな困難でもどんとこいタイプだから、姉はたのもしい。
いつからあんなに肝がすわり、人に優しくなったのだろう。
前ならこんなときにー!とキリキリ声で怒り狂っていたような気がするが。
再婚がそう変えたのだとしたら、義兄さん、ありがとう。

会社で水ノルマ達成。気がつけば心配と水ッパラで朝からなんにも食べていなかった。
慌てて仕事あがりに牛丼食べて帰った。

さっき電話した。どうだい調子は。
薬漬けで大変だが、今夜はその薬のおかげで急変することはないという。
本人はいたって普通だけど、体の構造がそうなのでこれは仕方ないとのこと。

良かった。

容態が落ち着くまで、いつ血がいるかわかんないからそれまで
酒は控えめに健全な生活してちょうだいと釘を刺される。
なぜか姉の声がすこしニンマリしてた気がするのは気のせいか。

明日、タマネギとトマト食べよう。少し血を綺麗にしとかんと、申し訳ない。
いや、でも、ほんとこんな血でええんかな。

いやはや、年月が経つのは、早いもんです。あのチビちゃんが、なあ。
なんもでけんけど、がんばれよおー 

e0242030_21234583.jpg

[PR]
by vich-han | 2012-06-30 21:50 | 呑んだくれの戯言
Copyright c 2004-2013MONPEI&VICH, Ltd. All Rights Reserved.