カテゴリ:呑んだくれの戯言( 92 )

2017年 04月 20日

文鳥

文鳥を飼っていた。

19の時に母が亡くなり。1周忌当たり前から父が自分の孤独から逃げるように再婚したいと言い出した日。

その日ペットショップで衝動的に買った文鳥は羽毛もほとんど生えておらず。
私は毎日布団で小鳥用の小さなカゴをあっためて気温も心も寒い部屋で暖をとっていた。

ずいぶん羽毛が生え揃いってまだ飛べないけども、
シリンジでベビーフードをそろそろ一人前なごはんと半分くらいにしようと
なりつつした頃、

目覚めたら完全に衰弱しており、横たわって私の手のひらでその刻を過ごした。

呼ぶと必ずピィと返事した。その間際まで。

何度も何度も呼んだ。必ず返事がきた。

最後はピぃ、、てな感じで眠るようにあっと言う間だった。
何日も気持ちの整理がつかず、

周囲には、にわかに信じ難いようで鳥でこんなにダメージを受けてるのを見た人は初めてのようで、
かなり心配させた。

私はいつか、必ず、鳥たちともんぺいに会う。
それまで頑張るんだ。

いつだってやつらはそばにいる。


[PR]
by vich-han | 2017-04-20 01:22 | 呑んだくれの戯言

2017年 04月 17日

表情

もんちゃんがおらんなって、この家に癒しは無い。

私は自分の人生の意志で初めて購入したのはあの文鳥だけだ。
どうししょうもなく鳥が好きなのだ。

すぐ死んでしまった。

鳥が一番。でも、もろい。


もんちゃんがあまりに甘えったれだったんで、もんちゃんが好きなんだ。
自分が家族にしたペットは全員表情表現が同じ。
人間を疑うことがないまったりだけど自己主張強いかんじ。

子どものころ飼ってた犬もみんな同じ。
姪っ子のチビ、姪甥のチビのころ。みんな同じ。

生き物は人間もみんな同じ。

[PR]
by vich-han | 2017-04-17 01:37 | 呑んだくれの戯言

2017年 04月 15日

老害ネタ

自分の中で、許せないことという沸点は、自分でももうこの歳だからわかる。

先輩にそんなぐだぐだ後輩の悪口を直接言わずしつこく外部に愚痴ってんなら、本人らに言えとミーティングを開いた。

その日私は休みで、事前に家でミーティング議題の資料をつくったので、約束の時間に15分遅れ、すでにこのぐだぐだ言ってる先輩は
「いいかげんやな」って顔で見てる。

いやいや、あんたがそうでしょう。って思った瞬間にゴングが鳴った。

淡々と話してるのに相当な勢いで長い時間激高罵倒を受けた。

それってなんか懐かしいほどのパワハラWと思うと、一瞬もひるまなかった。
こっちだって怒ってんだ。でも興奮で声を荒げた方が正論がつじつま合わなくなる上、
自分を守るために弱い後輩を攻撃するあんた負け犬の姿だよ。

私は自分が思った以上につよくなっている。

私はくだらない人間てことくらい自分で百も承知なのに
「自分が一個も間違いがない人間と思うな!」と言われ、なんだかびっくりした。
後輩にペンや書類を片付けない、片付けろ!とジジイは言ってたが、

私はジジイの何日も置き忘れた電動歯ブラシをPCの前でしょっちゅう見てるのだ。こんな不潔があるかっちゅうの。
スケベ漫画も自分のキャビネットに収まりきれんでそこらへんあふれてるなら、ちった捨てなさい。老害すぎるぜ全く。



[PR]
by vich-han | 2017-04-15 02:13 | 呑んだくれの戯言

2017年 04月 08日

きついぞー

ずっとずっと働いてる。もうずっと。そして一日中。
ここは猛烈な山場なので頑張りきらなくてはならない。

癒しというのもがどんなに大事なのかわかる。

ちょっとした仲間の気持ち。
帰宅して見るかわいい姿。

e0242030_03111353.jpg

仕事やると一緒のプロジェクトの他の部署の仲間は無責任のムの字もない。
私が楽になるように目真っ赤にして今日も調べて簡略化し、助けてくれる。

ゴールは来週だ。頑張る。

私はやはり、仕事が好きだな。チームプロジェクトが好きだ。
一緒のフロアで働いてるんで、お互いありがとう、すまんねとか、言いながら
出来ウンヌンより、スムーズに滞りなくやり遂げることが大事だと思う。

またいい仕事しようやって、思えたらいいなと、もうちょっと頑張る。

同じ係の言いっぱなしのオッサンはもう適当に考えることにした。





[PR]
by vich-han | 2017-04-08 03:16 | 呑んだくれの戯言

2017年 04月 05日

昭和は忘れろ

疲れた。

とにかく。

なぜ疲れたのかは、エセ正義感があるジジイのせいだ。

私の人情とこのジジジイの人情にはどちらも正解がない。

このジジイは優しい人だ。弱い者に優しい。
弱い人を助ける本能が野生動物のようにあり、それには理屈が無い優しいとこがある。
でも、自分が犠牲になってまでフォローする男気はゼロだ。

つまり言いっぱなしだ。
俺今日は特にいいこと言った。じゃ、またの!ってな滅多にこないスーパーマン気取りだ。

自分はこのジジイのエセ男気をフォローするため、一日中フォローするシフトがずっと待ってる。とんでもない勤務時間だ。
先月も8回のうち2回公休出勤したけど、代休できるメドがたたない。
あやつらは月の半分が有給と公休だから突発的な繁忙期とか知らない。

でも、残業はしてはいしてはいけない会社なので、
このアホのような勤務は、勤怠表に書かれることもない。

わたしはもうずっと月に2、3度メシを後輩におごる時間以外は
メシの休憩タイムなんてとったことない。

今メシいかんと食えねえ、食いっぱぐれるという職場でR。食いたくなくても。

んでメシからはよ帰らんと、勤務時間も全うしてない、はよ帰りたいくそジジイがイライラしてるのだ。
20分で帰ってこいというので、もうこの2年メシにずっと行ったことない。胃が痛くなるので行く気力も無い。

こっそり、ジジイどもがおらんときに後輩連れて焼き肉おごったりで。
そんなときはこんなゆっくりメシ毎日にしたいなとクヨクヨ悩んだり、外食の肉ランちウメエなとかで。

ここは私のブログだ。
言わせてくれ。

バブルの匂いは死んでくれ。
60分休憩は権利だ。ゆっくり行かせろ






[PR]
by vich-han | 2017-04-05 02:04 | 呑んだくれの戯言

2017年 03月 31日

姉指令の風呂あと、

姉。シーズン2。

風呂からあがってまったりしてると姉から約束の電話がきた。

いつもより平穏なので長くは話せる。

義兄さんが飲みに行ってて退屈なようなことをチラっと白状した。

もうw退屈しのぎかよ。

世の中出会う人は他人に対していつもこうだ。
人間てどこまでも刹那や突発で他人への要求がデカイ

地球は自分のために回ってないことくらい、9歳くらいではっきり気づき、
他人を恨んだりもなくなるものだ。

姉のことは真剣に考えるが、他人のことはできる範囲しかできんん、
平和ならいいひとぶろうなんて思わない。

だから、物悲しくても、私はいやな冷たい人間と言われようとも冷静な境界線がいる。


[PR]
by vich-han | 2017-03-31 01:02 | 呑んだくれの戯言

2017年 03月 30日

数日前から私へのおおげさすぎな心配で
姉から何度電話がきてて、うざいが
さっき電話かけた。

いやさっきではない。2時間前くらい。

いっぱい話した
こっちも心配してることも。

てなことで、がんばってね、またね。

と何度も言うが、切らない。

やっと切ってくれた。
突然だが
「風呂入る、あんたも今から入り、でたらかけ直す」
だと、

姉の命令はしなくてはならない、
今から風呂入る。

ムカつくが、風呂入らなければならない。

てか入らんと、殺されそうだ。




[PR]
by vich-han | 2017-03-30 23:39 | 呑んだくれの戯言

2017年 03月 30日

今月までで退職の、大先輩が65延長定年まぎわで軽い脳梗塞になり、
今日は外出許可をもらい事務処理に来られた。

私もちびっと泣きそうだったが、ヤツも目尻の涙をごまかし拭いた。

50年近く働いた。60年定年の時は私は知らない。
だから花贈りたかった、入院中なのだし。
遠方で見舞いもいけてない。

花?!そんなん嬉しくない、追い出すみたいやんか、花とかくだらないと
責任者の60歳の大先輩は一蹴したが(ほんと不粋)、
私は後輩に相談し共感してもらえ実行してもらった。後輩ありがとう。


花。
花が届ける元気に対しては年寄り、とくにジジイは弱い。
ものすごくうれしいのだ。そんなことわかってる。
1日長く持たす知恵も術も無いことに、戸惑い、
俺、知らんことばっかだと嫁に感謝しするもいい、
自分ももっと知らん世界を生きたいと思えばよし。

花は、なんだか、年々好きになる。
だから、先輩のジジイどもはたいがい花が好きだ。

花も命だからだ。同じ刻を過ごしてる、かわいい儚い命だからだ。



[PR]
by vich-han | 2017-03-30 02:23 | 呑んだくれの戯言

2017年 01月 19日

でかすぎ

いつからかポケットにこの50円玉がある。

おつりもらったとき、気づかなかった模様。

e0242030_22013293.png

[PR]
by vich-han | 2017-01-19 22:02 | 呑んだくれの戯言 | Comments(0)

2017年 01月 10日

ツーフー

3日から仕事始め。いきなりの当直。

足が痛くてタマランで、薬すぐ飲んだんでオオゴトにはならず。ツーフーだ。
病院通い。

おとといは姉の誕生日会をしてやった。

ケーキのローソク吹きかける姿を昨日写メで送ったら

誰このババア?!と自分で驚愕していた。

みんな自分は若いと思ってるんだな。

とんでもねえ勘違いだ。
我々は、くされババアやジジイなのだ。
自覚せんと。

[PR]
by vich-han | 2017-01-10 20:57 | 呑んだくれの戯言 | Comments(1)
Copyright c 2004-2013MONPEI&VICH, Ltd. All Rights Reserved.