カテゴリ:うさぎが居なくなった日々( 83 )

2017年 07月 22日

悲しみの果て、花の世話することでどんだけ生きる気持ちをもらったことか。
だから、なるべく、人には幸福も不幸も花を贈ると決めてたんだ。

花なんて自分のなかでトイレットペーパー程度だったのに。
不思議なほどいまはどんな花も可愛いのだ
もんぺいめ



[PR]
by vich-han | 2017-07-22 05:48 | うさぎが居なくなった日々

2017年 07月 16日

こんな日も




e0242030_02204095.jpg

e0242030_02204882.jpg


e0242030_02211617.jpg


贈ってもらった洋服を初日からボロボロにし、
半年くらいでいっぱい穴が空いた。

もんぺいってやつは。

この前、姉から足が臭いと言われ、靴を捨て、でも履く靴がないので昔の靴を出して履いた。

けっこういい靴なんで捨てきれないが、誰だって捨てるべきだろうと思う靴だ。

家から半年、一年前に亡くなったうさぎのうんこがポロっと、という話はよく聞いた。
しかし、いまんとこうちは汚部屋のわりにそれはないのだ。

でもこの古い靴を履いたら、5個くらいうんこが入っているのに玄関を飛び出し気がついた。

んで、くつを脱いでカンカンってやると倍ぐらい毛玉まで出てきて、
こりゃ清掃の管理人さんに怒られるとまた全部靴にしまって、
マンションを出て、外でカンカーンッてやったけど、

もんちゃんは足フェチだったので、靴で毛繕いすること多かったな、とふと思い出し、またウルルとなるのだ。

そんなこんなでも、私はもんぺいと暮らせたことに笑い泣きし、なにより人生で一番大事にしてるのだ。



e0242030_02212242.jpg






[PR]
by vich-han | 2017-07-16 02:23 | うさぎが居なくなった日々

2017年 07月 12日

ひさびさのグダグダさ

もんちゃんが今いればと思う日々でまだ泣き暮らすのだ。

どんだけ泣いてもいいと思うのだ。それは清い感情だからだ。とに言い訳しながらね。
現実は可愛いうさぎ一個体の命を大事にできる余力あるのにしてない臆病者だ。

仕事だけはピリッとやってたつもりが最近心に穴がどんどんあき出し、仕事に熱?が入らずぐだぐだでどうしようもない
仕事どころか生死に対しても怠惰になり、燃え尽きちまった力石状態が長い

気づけば、もんぺい不足すぎる。

e0242030_03541120.jpg




こんな生活してたことももうずっと大昔のようだ。





[PR]
by vich-han | 2017-07-12 03:57 | うさぎが居なくなった日々

2017年 07月 12日

んでもいうっちょ

ももちゃ
がんばった!



言葉かけがむずかしくなるのだどんどん、

言えることは。私たちの宝物だよ。てことだ
私の宝だ。







[PR]
by vich-han | 2017-07-12 03:29 | うさぎが居なくなった日々

2017年 07月 12日

言いたいことはつまり

自分で最悪だと思う点がある。
会社の課への直通電話が、東京本社の人の電話番号で登録されてること。
まったく仲もいいわけでもなんでもない。
登録間違ったようだがめんどくさくて登録しなおしてない。

そのほかはだいたい
「ふ」とか
「か」とかで登録されてる。

やましいことなんてないし、ただのめんどくさがり。
携帯しょっちゅう壊すので、アドレスもクラウドで同期してないので、
連絡できるのは10人くらいなのだ、いつも。

今日、仲良しうさともさんのうさぎさんが具合が悪いということで
自分がざわついてどうしようもないのでメッセさえためらったけど、
電話番号から書いて送った。

でも、私は、アドレス帳がすべてでたらめなので、送れてない気もする。
送れてないほうがいいかもだ。私が動揺しすぎてる。

言いたいことはこれに尽きる。

ぼのは大丈夫!
絶対

[PR]
by vich-han | 2017-07-12 03:13 | うさぎが居なくなった日々

2017年 06月 08日

愛しい日々は

いつも突然ネットからナビされる。
かわいい子が寝ても覚めても一緒にいたんだなって、
思い出す。



[PR]
by vich-han | 2017-06-08 03:45 | うさぎが居なくなった日々

2017年 05月 31日

命日とやら

もんちゃんの命日は、いたって普通の日だった。

消してた記憶。
またヤヤコしいことなったらいかんので、
連休いっぱい取って、引きこもったのだけど、
私は副業しながら前向きだった。

命日に甥っ子が結婚するという話を聞いた。
よかった。安心した。

時間は止まることなく過ぎている。
仕事も忙しいしヤヤこしいこと満載だ。

立ち止まっていられない。

でも、家に帰って立ち止まらせてくれるもんちゃんが毎日いないことには、
ずいぶんダメージを受けている。
こんなに生きるのつらかったのかなってさ。


※写真は、私が初の手作り牧草クッキーを作った日のもんぺい


e0242030_01355670.jpg


いろいろと可愛く、楽しい日々をありがとう、もんぺいどん



e0242030_01402741.jpg

e0242030_01402359.jpg

あはは。毎日幸福だったよ。ありがとう






[PR]
by vich-han | 2017-05-31 01:41 | うさぎが居なくなった日々

2017年 04月 30日

ペット

夢を見る
眠ってる時の夢だ。

小さい命を胸に抱いてる夢。

それはいつでももんちゃんなのだけど、
もんちゃんは抱っこ嫌いだったので、
それはもんちゃんではないのだけど、

小鳥だったりもんちゃんだったり犬だったり猫だったり

子どものころから飼って来た動物など次々出てくる。

やっぱり、自分の意志で初めて飼(買)った動物、
文鳥のことが
どうしようもなく夢に出る。
手のひらで看取った日をずっとずっと。

もんちゃんも文鳥と全く同じ顔で私を見てた。



[PR]
by vich-han | 2017-04-30 02:23 | うさぎが居なくなった日々

2017年 03月 22日

あなたにおすすめ動画

you tubeで「あなたにおすすめ」というとこに入ってきた。


[PR]
by vich-han | 2017-03-22 19:33 | うさぎが居なくなった日々

2017年 03月 14日

泣いて酔って支離滅裂。まぶたは垂れる。

昨日の夜は大好きなふくたんの訃報記事を見て、子どものように泣いた。
なにか言葉掛けのメールでもしないといけないのだが、胸がつまりそれどろではなかった。
なんであんなに可愛くてケナゲで美しい命を連れてっちゃうんだろう。
宝物なのにいつかは来ること、なんて悟りきれないよ。
現実をいま受け入れようとしてるうさ友さんの悲しみが伝わってくるようで全身が涙になった。

ブログを始めたころはうさ友さん二人だけが読者で、
コメ欄でお互いの愛兎のこといっぱい話したんだ。
ブログで見せてくださいとお願いすると、ブログなんてできるかしらと試行錯誤してくれて
可愛いふくたんを見せてくれたんだ。
うさ友さんの優しさはふくたんにはもちろんみんなに無限大で。私はずっとこれまで世話になってばかりいたんだ。
優しい人なのだ。

もんぺいにおやつを買ってあげてと、自分のパートで稼いだ中からお代が届いたことも何度かあった。
うさ友さんにとってはもんぺいはふくたんの弟のような存在だったと思う。
いつか必ずお返しと思いながらできていない。
私が乞食のような時期に、食料や服までずっと頂いたのに。
あのシャツはもんぺいがおやつねだるときにかじって、いっぱい穴が開いた。
それほど着たよ。
今はあの時期が報われて食べることには困ってないんだ。裕福じゃないけど、お返しはできる。
だからこれからなにか、と思ってたのになにもかも遅かった。
ふくたんになにもできなかった。
申しわけない気持ちでいっぱいだ。

仲間が広がっても、ふくたんを一度見れば愛せずにいられないようでみんな大ファンだった。

うさフェスでふくたんを抱っこした日のことは忘れられない。
ほんとにおりこうさんでびっくりした。穏やかなうさぎさんで、
愛情いっぱいで人間に甘えきってるかわいい子だった。

酒がまわり、蓋をしてた自分の積もってた淋しさも混ざり
わけわかんないくらい泣いた。
もんぺいに話しかけたりした。
もんぺいが確かにそばにいるような気持ちがした。
酔ってたからだろう。

お月様に行っても今後永遠に一緒にいることには違いない。
だけど、やはりあのふわもこを見ながら暮らせないのは淋しい。
毎日毎日気がかりで仕方ない子がいなくなった心の穴は、そっからしばらく幸福な思い出さえ悲しみや淋しさにどんどん変えてしまう。

私はかわいいふくたんとのお別れと、
もんぺいのことと、
そして可愛いうさぎたちが会わせてくれたこの縁が無くなってしまうようで淋しいのもある。

私はこのご縁を失いたくない。

それはもんぺいも悲しむことだ。
私は無礼な人間ですが、ずっと友だちで居たい。
ふわもこに心もってかれた仲間でいたい。

今頃。ふくたんはもんぺいに会ってお互いフリーズしながら挨拶してるよ。
もんぺいも興味半分、嬉しさびっくりで固まってるね。

月が覗けるならそんな可愛いチビたちを覗いてみたいね。かわいいだろうなあ。
ワイはふくたんのこと知ってるでーと、ひねりジャンプしてるかもしれないね。
人間が中に入ってるんじゃないってほど、二羽ともすっとんきょうな表情でかわいい二足歩行しながら、
うさぎの楽園を確かめてるね、きっと。
e0242030_03244727.jpg

----------
※泣いて目が腫れる、という経験はこれまでいっぱいあった。
 だが、年をとると腫れがひいたら目のほとんどを覆うほど、たるんでくるんだと知った。今日は視野が3分の1。
 もう泣いてはいけない。泣き虫だから泣くけども、でも、もうもんぺいへの淋しさでは日常絶対泣かない。


[PR]
by vich-han | 2017-03-14 04:07 | うさぎが居なくなった日々
Copyright c 2004-2013MONPEI&VICH, Ltd. All Rights Reserved.