2012年 07月 16日 ( 1 )

2012年 07月 16日

いじめ問題

e0242030_20324123.jpg


昔話。
学年すべてから小学校のときから汚いもん扱い受けてる子がいて、
中学で初合流した。
その子は中学でなにかが変わると期待していただろうけど
多数が同じ小学校出身で、やっぱり中学になっても意味なく特別に嫌われてた。

気づいた親が出てきたので、ホームルームで、それが問題になった。
学年みんなで汚いもん扱いしてんだから、こんな場も四面楚歌に決まってる。
それでも言われたらこんなことをするのが先生。

誰が一番ひどいのか、誰が暴力ふるうのか、
とみんなの前で先生がその子に聞いた時、
その指はビッチに向けられた。

えええええ。違うやん。
なんでなんでなんで。あいさつだって、面白い話だって、してたやん。
なんでだよ。
なんで。
母ちゃんが呼びだされて泣く姿を思ったら、もうたまらない。

一気に罪を負った自分は、帰りに、怒った、
許さんと。殴ろうかとまで思ったが、やめた。
夢で人を殴ったら自分の手が鉛のように重たくしびれ痛かった。
親に叩かれたことも、他人を叩いた経験もいまだない。

でもやっぱり釈然とせず、
翌日からシカトした。

数日後。先生に呼ばれた。
みんなの前で言っても、笑って許してくれそうだからお前の名前いったんだと
本人から聞いたと。

でも、もう、自分、もうカスなんですよ。
意地悪な態度とったしね。
これからもそれを聞いたからって、もう態度変えれない。

ごめんけど、先生。
先生のやったことって、
いったいなんだったんだ。

いまだにわからない。

卒業するまで、あの子への学年全体からのいじめは終わらなかった。
学年でクラスが変わり、縁遠くなったが、
いつまでたっても、ほんとうに苦々しい、悲しい思い出だ。

e0242030_20342483.jpg


いじめってのはだれもがどちらかだったり、傍観者だったり、
経験ない人間なんていないだろう?
法律が裁く前にネットでの社会的制裁は自分はいやだ。
いまいちど、自分のときからはじまってたことを考えてみるのも
いじめ自殺した子への追悼になると思って昔話を書いた。

かくいうビッチも小学校まで友達もいないし、いじめというか
いつもひとりぼっちでなんとなく仲間外れで意地悪もされた。

いまはたくさんの究極の「きっかけ」が次々にあらわれているような気がする。
いまタケノコみたいに出て来た問題じゃないってことくらい
大人がちゃんと表現しなきゃと思う。

傷ついたことは覚えてても、傷つけた方はあんがい、
初めてみたイジメ物語みたいに今回の事件をみていると思うと、
世の中はあんま変わらない気がするんだがな。

自分も含め、大人ってほんと都合ええ記憶装置だからな。

e0242030_20344299.jpg

[PR]
by vich-han | 2012-07-16 20:38 | 呑んだくれの戯言
Copyright c 2004-2013MONPEI&VICH, Ltd. All Rights Reserved.