2012年 07月 01日 ( 1 )

2012年 07月 01日

おめでとう

姪の状態が変化し、夜中から手術。輸血まで入れると4時間近くかかった。
どちらの無事も確認して今帰宅した。ビールが格別うまい。

すごくちっちゃくて端正な顔だちの男の子が生まれた。
保育器に入れられてちょっぴり痛々しいかったが、
生まれるだけでこんだけの人数の大人を心配させたから、わんぱくになるだろう。

お疲れさま。おめでとう。

君の若いお父さんが、君の姿をみたとたんポロポロと泣いていた。
君のおじいちゃんとおじさんは生まれても仕事で疲れて待合室でごんごん寝ていた。
君のおばあちゃんはICUで不覚にも屁をした。

親戚のビッチは、輸血は姉にかつがれていたようで、
おかげで呑んだ暮れず立ち合うことができた。
ノータッチだと少し縁遠い話になるが、
関わることで絆が深くなる魔法をまんまとかけられたようだ。

まじめな顔ができない一族なので、ICUで姪に笑い話ばかりして
看護士さんに静かにと叱られた。

お腹のなかで聞いてたかい。
大人になるまでこの日のことは耳にタコができるほど聞かされるだろう。

愉快な人生のスタートだよ。これからも一生笑い続ける運命に決まってる。
だから、うんといっぱい空気吸って
がんばって乗り越えるんだよ。


もんちゃん。留守番ありがとう。
[PR]
by vich-han | 2012-07-01 06:07 | 呑んだくれの戯言
Copyright c 2004-2013MONPEI&VICH, Ltd. All Rights Reserved.