2017年 03月 30日

今月までで退職の、大先輩が65延長定年まぎわで軽い脳梗塞になり、
今日は外出許可をもらい事務処理に来られた。

私もちびっと泣きそうだったが、ヤツも目尻の涙をごまかし拭いた。

50年近く働いた。60年定年の時は私は知らない。
だから花贈りたかった、入院中なのだし。
遠方で見舞いもいけてない。

花?!そんなん嬉しくない、追い出すみたいやんか、花とかくだらないと
責任者の60歳の大先輩は一蹴したが(ほんと不粋)、
私は後輩に相談し共感してもらえ実行してもらった。後輩ありがとう。


花。
花が届ける元気に対しては年寄り、とくにジジイは弱い。
ものすごくうれしいのだ。そんなことわかってる。
1日長く持たす知恵も術も無いことに、戸惑い、
俺、知らんことばっかだと嫁に感謝しするもいい、
自分ももっと知らん世界を生きたいと思えばよし。

花は、なんだか、年々好きになる。
だから、先輩のジジイどもはたいがい花が好きだ。

花も命だからだ。同じ刻を過ごしてる、かわいい儚い命だからだ。



[PR]
by vich-han | 2017-03-30 02:23 | 呑んだくれの戯言
Copyright c 2004-2013MONPEI&VICH, Ltd. All Rights Reserved.