2012年 06月 30日

がんばれよお

e0242030_2035556.jpg


今朝は二日酔いで、起きたもののギリギリまで二度寝し、
布団からドンと飛び出すように会社に向かった。

小走り途中に姉から電話。秋に出産を控えた姪が切迫流産?しかかって大出血、
入院先の産婦人科から大学病院のICUへと緊急移送されたそうだ。
血がとまらないまま今夜手術になれば血がいるかもしれないという。

思えば、身内で血液が同じ大型新人なのはあの子とビッチだけだ。

「ろれつちょっとまわってないけど酒残っとうやろ?」
「うん。二日酔い」
「うひゃー。もー。今から水2リッターばっか飲んで酒ちょっとでも抜いとっちゃらんね」
「この血、いけるやろか」
「○ちゃん(姪)に一応聞いとく。ビッちゃんの血、ドロドロやけどいいねって。」

手術、となれば、お腹をあけて赤ちゃんをとりあげるとあって、
今日にも若いばあちゃんになる姉は、動揺しながらもちょっとテンション高い。
母子ともに元気でどちらも命の危険はないとお墨付きをもらっているからなおさらのようだ。

どんな困難でもどんとこいタイプだから、姉はたのもしい。
いつからあんなに肝がすわり、人に優しくなったのだろう。
前ならこんなときにー!とキリキリ声で怒り狂っていたような気がするが。
再婚がそう変えたのだとしたら、義兄さん、ありがとう。

会社で水ノルマ達成。気がつけば心配と水ッパラで朝からなんにも食べていなかった。
慌てて仕事あがりに牛丼食べて帰った。

さっき電話した。どうだい調子は。
薬漬けで大変だが、今夜はその薬のおかげで急変することはないという。
本人はいたって普通だけど、体の構造がそうなのでこれは仕方ないとのこと。

良かった。

容態が落ち着くまで、いつ血がいるかわかんないからそれまで
酒は控えめに健全な生活してちょうだいと釘を刺される。
なぜか姉の声がすこしニンマリしてた気がするのは気のせいか。

明日、タマネギとトマト食べよう。少し血を綺麗にしとかんと、申し訳ない。
いや、でも、ほんとこんな血でええんかな。

いやはや、年月が経つのは、早いもんです。あのチビちゃんが、なあ。
なんもでけんけど、がんばれよおー 

e0242030_21234583.jpg

[PR]
by vich-han | 2012-06-30 21:50 | 呑んだくれの戯言
Copyright c 2004-2013MONPEI&VICH, Ltd. All Rights Reserved.